岩牡蠣には、レモンだけでなく日本酒もタラり

クリーミーで濃厚な味わいを堪能するには生の岩牡蠣が一番ですが、一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。

日本酒たらりで
うま味倍増

© iStock.com/4kodiak

その方法は、牡蠣のうえから日本酒をひとかけする、というもの。これだけで牡蠣のうま味が凝縮したように格段とおいしくいただけます。

これ、日本酒に含まれるグルタミン酸が影響しているんですが、牡蠣のうま味成分であるコハク酸と日本酒のグルタミン酸のうま味の相乗効果によって、味わいがUPし、生牡蠣をいっそうおいしく食べることができるという仕組み。

お店で生牡蠣を食べるときは日本酒も一緒に注文して、すこ〜しだけ、牡蠣の上からかけてみませんか?

Top image: © iStock.com/pixinoo
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...