旬の魚「タラ」はお鍋だけじゃもったいない!

お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょう。タラのオイル煮「バカラオ・アル・ピルピル」、知ってます?

タラのうま味を
オイルにからませて

新鮮なタラをオイルでじっくりと煮込む、スペイン・バスク地方の名物料理です。ピルピルとは、加熱の際にタラの水分が身から出てきて「ピルピル…」と音がすることから名がついたんだそう。

なんとも可愛らしい表現ですが、じつはこの水分が味の決め手。タラのうま味とオイルが乳化することで、なめらかで味わい深いソースとなるのです。余分な水気が抜けたタラの身はキュッと締まっておいしさUP。ワインとともにどうぞ!

<材料:2~3人分>
・真ダラの切り身:2切れ
・ニンニク:1かけ
・パセリ:適量
・輪切り唐辛子:小さじ1/3
・オリーブオイル:大さじ4

<つくり方>

真ダラの切り身はひと口サイズに切ります。ニンニクは薄切り、パセリはみじん切りに。フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて弱火で熱し、香りが立ったら真ダラの皮目を下にして入れ、輪切り唐辛子を加えてゆっくり揺すりながら15分煮ていきます。

味見をしてみて塩気が足りなければ、お好みで塩をふって味をととのえて。刻んだパセリを仕上げに散らせば、彩りが良くなり食欲をそそりますよ。 

冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
La Petite Epicerie(ラ プティット エピスリー)のオリーブオイル缶です。光による酸化を防ぎ、よりおいしさが長持ちに。素材や製法にこだわっ...
オリーブオイルにタラコを浮かせたら、あまりの美味しさにハマってしまいました。
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルのワークショップを開催します。
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルワークショップを開催しました。今回はトムさんセレクトの3つのタイプの違うオイル(ライト、ミ...
せんべい汁は青森県八戸市を中心に、青森県南〜岩手県北周辺で食べられてきた郷土料理。鍋専用の南部せんべいを鍋の中に割り入れて煮込むと、美味しい出汁がしみ込ん...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
なんとなく料理がおいしくなる……くらいの認識だったかもしれない。でも、真の実力はすごかった。
もしも、魚が夢に出てきたら…そこにどんな意味があるのでしょう。海や川、湖を泳ぐ魚たちには、あなたの日常生活とリンクする意味合いがあるようです。種類別に解説...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...