そろそろ、本当のオリーブオイルってものを知ってもいい頃だと思います。【6/4 ワークショップ開催】

手のひらで温めたオリーブオイルを、ゆっくりと舌の上で味わったことがありますか?人生の新しいトビラが開きます、約束してもいい(キッパリ)。

なんでこうまで言うかって、知っちゃったからです。先日のJAM Kitchenで。オリーブオイルソムリエ®の阪田友也(通称:トム)さんから伝授された、このオイルの真の実力を!

あの衝撃をぼくらだけのものにしておくなんて。そこで、トムさんを招いてオリーブの魅力をとことん体感する企画を考えました。もちろん最高のペアリングを用意して。オリーブオイルと相性◎のとびきりおいしい野菜料理にも注目です。

※イベントは終了致しました。

オリーブオイルワークショップ


 

【日時】
2017年6月4日(日)
18:00〜20:30

※イベントは終了致しました。

【参加費】
5,000円
(テイスティング講座、お料理3〜4種、ワンドリンク付き)

【場所】
Alaska zwei
〒 150-0043 東京都目黒区東山2-5-7

東急東横線 中目黒駅 徒歩11分(950m)
東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩9分(612m)

【定員】
先着20名様
 
【プログラム】
17:45〜18:00|受付
18:00〜19:10|オリーブオイルテイスティング講座 
19:10〜20:30|オリーブオイルを使ったお料理
20:30|イベント終了    
 
※TABI LABOより参加確定のご連絡をさせていただいた方のみご参加いただけます。
※当日、写真・映像撮影が入ります。参加者の皆様が映り込む可能性もございますが、ご了承ください。
※貴重品・手荷物は参加者様各自の管理になります。(荷物は置いていただけるスペースがございます) 

 

阪田友也
日本オリーブオイルソムリエ協会認定 オリーブオイルソムエリエ® 
日本最大のオリーブオイルコンテスト「Olive Japan」では、2度「オリーブ男子」に選出され、テイスティング体験ワークショップを披露。オリーブオイルの風味官能評価技術を競う「オリーブオイルソムリエコンクール」、2017年度3位入賞。

テイスティング講座

オリーブオイルソムリエ®のトムさんに教わる、オリーブオイルにまつわるあれこれ。さらに、世界各国から厳選した、とっておきのエキストラヴァージン・オリーブオイルでのテイスティング付き。

そもそもオリーブオイルってなに?どうやって選ぶの?“オリーブオイル愛”が炸裂するトムさんに、なーーんでもぶつけてください。

オリーブオイルと
野菜のマリアージュ

ヴィーガン(動物性食材不使用)カフェのAlaska zweiが、今回のイベントのためだけに、オリーブオイルを使った特別メニューをご用意してくださいました。

異なる3種のオリーブオイルと野菜のマリアージュを、ご堪能あれ。

会場  Alaska zwei

2016年秋、惜しまれつつ閉店した”Alaska"を引き継ぎオープンしたヴィーガン(動物性食材不使用)カフェ。 提携生産者チームから届くオーガニック野菜を使い、 味も見た目も華やかなヴィーガンメニューを提供しています。 毎日焼き上げるパンやお菓子も人気。 

※イベントは終了致しました。

andmore
他の記事を見る
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルワークショップを開催しました。今回はトムさんセレクトの3つのタイプの違うオイル(ライト、ミ...
La Petite Epicerie(ラ プティット エピスリー)のオリーブオイル缶です。光による酸化を防ぎ、よりおいしさが長持ちに。素材や製法にこだわっ...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
オリーブオイルにタラコを浮かせたら、あまりの美味しさにハマってしまいました。
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょ...
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!
見た目はとってもシンプルな三角形の「キャンドルベース」。油さえあれば火がくようにしてくれます。サラダ油やオリーブオイル、廃油でも大丈夫なんだとか。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
ふんわりトロトロの食感とじゅわ〜っと広がる甘みーー。でも、たまにはちょっぴり違うアレンジで!ミルク:3分の1カップたまご:2個刻んだタイム:ティースプーン...
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
ヘルシー志向でがぜん注目度が増した「フムス」は、中東文化圏のソウルフード。カフェやレストランでは注文しても、これを自宅でつくるイメージは浮かばない、という...
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
パセリが主役を張れるレベルの食材であることを実感できます。