野菜が主役のラザニアで、真冬のダイエットを成功させる

寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャで親しまれている野菜のラザニア「ムサカ」です。

本来は、ナスやじゃがいもがよく使われますが、ここでは冬野菜を用いたレシピを紹介します。

<材料>
・じゃがいも:1個
・れんこん:100g
・ごぼう:1/4本
・ミートソース:1袋
・イタリアンパセリ:適量
・オリーブオイル:大さじ1

・Aホワイトソース:1缶
・Aパルメザンチーズ:大さじ3

<つくり方>

①じゃがいも、れんこんは皮をむいて7mm幅にカットします。ごぼうも同じ幅でななめ切りにし酢水にさらしておきましょう。イタリアンパセリはみじん切り。

②ホワイトソースとパルメザンチーズをよく混ぜ合わせます。

③耐熱容器に野菜、ミートソース、②を順に重ねて入れて、200℃に予熱したオーブンで30分焼き、仕上げにイタリアンパセリを散らしてできあがり。

他にも大根やかぶ、里芋などを入れてもおいしい!ポイントは野菜の厚みを揃えて切ること。食べたときの食感のバランスがそこで決まるから。

春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルのワークショップを開催します。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
野菜のマリネは、保存性を高めることができるため世界各地で用いられている料理法。ところが、ひと口にマリネといっても、地域によってその特色はさまざま。たとえば...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。