野菜が主役のラザニアで、真冬のダイエットを成功させる

寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャで親しまれている野菜のラザニア「ムサカ」です。

本来は、ナスやじゃがいもがよく使われますが、ここでは冬野菜を用いたレシピを紹介します。

<材料>
・じゃがいも:1個
・れんこん:100g
・ごぼう:1/4本
・ミートソース:1袋
・イタリアンパセリ:適量
・オリーブオイル:大さじ1

・Aホワイトソース:1缶
・Aパルメザンチーズ:大さじ3

<つくり方>

①じゃがいも、れんこんは皮をむいて7mm幅にカットします。ごぼうも同じ幅でななめ切りにし酢水にさらしておきましょう。イタリアンパセリはみじん切り。

②ホワイトソースとパルメザンチーズをよく混ぜ合わせます。

③耐熱容器に野菜、ミートソース、②を順に重ねて入れて、200℃に予熱したオーブンで30分焼き、仕上げにイタリアンパセリを散らしてできあがり。

他にも大根やかぶ、里芋などを入れてもおいしい!ポイントは野菜の厚みを揃えて切ること。食べたときの食感のバランスがそこで決まるから。

春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...