廃棄野菜のハッピーエンドをつくろう。

形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調査によると、その量は世界で13億トン(年間)にものぼるのだとか。

そんな“彼ら”にも「ハッピーエンド」をつくることはできないだろうか?ハートフルな発想のもと、野菜を取り巻く新たな循環の輪が日本から生まれようとしています。

野菜を取り巻く
ポジティブな循環

「Vegeloop(ベジループ)」は、廃棄野菜からつくられた野菜の栽培キット。捨てられる運命にあったものを、美味しく食べられるかたちで生まれ変わらせることができるのだそう。

まずは肥料へ

まず、廃棄野菜を生ゴミ処理機で肥料のもとに。

その後、廃棄野菜を再現した紙で種と一緒にラッピングし、土へ。上の写真、ホンモノの野菜だと思っていませんでしたか?

水をかけると溶けて、野菜が育ち始めます。

これが、廃棄野菜のBefore/After。イキイキと甦っていて、見ているこちらもなんだか嬉しく、清々しい気持ちになりますね。

それにしても、捨てられる運命でしかなかった存在に新たな命を吹き込むような“再生系アイテム”ってなんだかすごく惹かれます。動物だけでなく、植物の命だってかけがえのないもの。そんなことに改めて気づかせてくれたのが、「Vegeloop」でした。

Licensed material used with permission by Vegeloop
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
形の悪さや納期遅れを理由に、出荷できずに廃棄せざるを得ない野菜や果物をスムージーとしてオフィスに届けるサービス「Clean Smoothie」。月に2回、...
12月20日、「UNIT + B1FLAT」にて23時から「ライゾマティクス」がオーガナイズするイヤーエンドパーティーが開催。なかなかのアツい夜になりそうだ。
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
廃棄予定の野菜や食材を染料として活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE」とアパレルブランド「Lily Brown」のコラボ商品が12月中旬から順次...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。