廃棄野菜のハッピーエンドをつくろう。

形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調査によると、その量は世界で13億トン(年間)にものぼるのだとか。

そんな“彼ら”にも「ハッピーエンド」をつくることはできないだろうか?ハートフルな発想のもと、野菜を取り巻く新たな循環の輪が日本から生まれようとしています。

野菜を取り巻く
ポジティブな循環

166875e36408e8f7b0a40e61234ea621cc2a66d7

「Vegeloop(ベジループ)」は、廃棄野菜からつくられた野菜の栽培キット。捨てられる運命にあったものを、美味しく食べられるかたちで生まれ変わらせることができるのだそう。

まずは肥料へ

888687b7e4983088202c00a4c315a7f738d72ac3

F6f2612a62475df7d0ab39f5111cb7ec05502d14

まず、廃棄野菜を生ゴミ処理機で肥料のもとに。

0a44efdfdc36c4198470332dc982096c494e1f3fCd06202c15f891b89a239a4dea471c974e829efc

その後、廃棄野菜を再現した紙で種と一緒にラッピングし、土へ。上の写真、ホンモノの野菜だと思っていませんでしたか?

46fe3c10c0372bb9f05acde939c8cf3d47a4a243

水をかけると溶けて、野菜が育ち始めます。

01d9ee3e6099b918cec101cc385e30b9a4525edb

これが、廃棄野菜のBefore/After。イキイキと甦っていて、見ているこちらもなんだか嬉しく、清々しい気持ちになりますね。

D575ccad5c4682046512340ef9dbc4cff4cad4e876a07e37eb827464e447b1c99232383c9d57751a04cd0c22c1e797942f6301040ddde9e7efab6aea

それにしても、捨てられる運命でしかなかった存在に新たな命を吹き込むような“再生系アイテム”ってなんだかすごく惹かれます。動物だけでなく、植物の命だってかけがえのないもの。そんなことに改めて気づかせてくれたのが、「Vegeloop」でした。

Licensed material used with permission by Vegeloop
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育てた野菜...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
正直、野菜ジュースが手軽に作れるパウダーってそんなにめずらしくない。野菜・果物・スーパーフードをパウダー状にしてブレンドした「NICE n EASY」を見...
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...