ちょっとだけ「食べどき」を逃したお野菜たち

冷蔵庫の奥の方で、あるいは台所の隅っこで、見るも無残な姿になってしまったお野菜たち。ああ、またやった……心のなかで手を合わせ(合掌)、人差し指と親指でつまんでゴミ箱へポイッ。

人生には必ず訪れますお別れのとき。とはいえ、トホホな気分をもう幾度味わっているのでしょう。毎度の自己嫌悪でございます。

そんな折、ベルギーの写真家Dombrecht Wesleyさまがやってくれました。「成長する過程や腐敗した姿」のお野菜たちが、まるで完成形のような美しさにございます。

6176590119567360545604130727526453174494235197446094709118205952520139403847270446624003388866566378752216924160

熟してなければ食べられない、腐ってしまえばなおさら。“食べどき”を逃しておきながら、キモチ悪いだの、お腹こわすだの、私たちはなんて自分勝手なのでございましょう。

Wesleyさまのお創りになる世界観とはいきませんが、少しだけ時期を逃してしまったお野菜の行く末を見守ってさしあげる度量を持ちたいものと思う次第であります。

 

Licensed material used with permission by Dombrecht Wesley, FoodShot
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...