ちょっとだけ「食べどき」を逃したお野菜たち

冷蔵庫の奥の方で、あるいは台所の隅っこで、見るも無残な姿になってしまったお野菜たち。ああ、またやった……心のなかで手を合わせ(合掌)、人差し指と親指でつまんでゴミ箱へポイッ。

人生には必ず訪れますお別れのとき。とはいえ、トホホな気分をもう幾度味わっているのでしょう。毎度の自己嫌悪でございます。

そんな折、ベルギーの写真家Dombrecht Wesleyさまがやってくれました。「成長する過程や腐敗した姿」のお野菜たちが、まるで完成形のような美しさにございます。

熟してなければ食べられない、腐ってしまえばなおさら。“食べどき”を逃しておきながら、キモチ悪いだの、お腹こわすだの、私たちはなんて自分勝手なのでございましょう。

Wesleyさまのお創りになる世界観とはいきませんが、少しだけ時期を逃してしまったお野菜の行く末を見守ってさしあげる度量を持ちたいものと思う次第であります。

 

Licensed material used with permission by Dombrecht Wesley, FoodShot
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...