ちょっとだけ「食べどき」を逃したお野菜たち

冷蔵庫の奥の方で、あるいは台所の隅っこで、見るも無残な姿になってしまったお野菜たち。ああ、またやった……心のなかで手を合わせ(合掌)、人差し指と親指でつまんでゴミ箱へポイッ。

人生には必ず訪れますお別れのとき。とはいえ、トホホな気分をもう幾度味わっているのでしょう。毎度の自己嫌悪でございます。

そんな折、ベルギーの写真家Dombrecht Wesleyさまがやってくれました。「成長する過程や腐敗した姿」のお野菜たちが、まるで完成形のような美しさにございます。

熟してなければ食べられない、腐ってしまえばなおさら。“食べどき”を逃しておきながら、キモチ悪いだの、お腹こわすだの、私たちはなんて自分勝手なのでございましょう。

Wesleyさまのお創りになる世界観とはいきませんが、少しだけ時期を逃してしまったお野菜の行く末を見守ってさしあげる度量を持ちたいものと思う次第であります。

 

Licensed material used with permission by Dombrecht Wesley, FoodShot
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?なぜか「ちょっと変なもの」をもらっても、嬉しくなっちゃうのもいいとこ...
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...