今晩たべたい!もぎたてたべごろ春野菜

ぽかぽかな陽気に誘われて、どちらかというと引きこもりがちな人も散歩に出かけてみたり、浴室乾燥派な人も外に洗濯物を干してみたり。春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節ですよね。

それは「野菜」も同じ。とくに、これらの野菜たちは、いまが旬!
一年の中でいまが一番おいしいといっても過言ではありません。

TABI LABOの“食いしん坊チーム”が選りすぐった、これらのレシピを今晩作ってみませんか。

01.
キャベツ

年中食べれると思って油断してない?春先のキャベツは、葉がやわらかくて甘みが強いのです。サラダなど生でいただくのがおすすめ。生が苦手なら、炊飯器で丸ごとスープに!

5583161601818624

02.
トマト

トマトも通年スーパーで手に入るけれど、この時期に獲れるものは糖度が高いのが特長。せっかくならシンプルに食べたいところ。切れ目を入れてチーズを挟むだけとかね。

5585304119410688

03.
アスパラガス

みずみずしくて、シャキシャキした食感がたまらないこの時期のアスパラガス。ニンニクとの組み合わせは、一度試すとやみつきです。

4630172112257024

04.
新じゃがいも

基本的にいつも手ごろで一人暮らしの強い味方、じゃがいも。ふかした新じゃがが、今宵の晩酌の主役に大変身しますよ。

6738301109141504

05.
新玉ねぎ

BBQっぽくワイルドに調理して、夜風を浴びながらバルコニーなんかでビールとともにいただくのもオツです。ヨーグルトに入れれば、整腸作用もあってしかもおいしい調味料に!

5064398909472768

06.
そら豆

炊き込みごはんの具材にするのもいいけれど、せっかくならそのままつまみたい。こんなディップソースとともに召し上がれ。

5995598721318912

07.
絹さや

β-カロテン、ビタミンなど栄養満点のサヤエンドウ。さやごと食べるから食物繊維もたっぷり。TABILABO的には「砂肝」との組み合わせがGOOD。

6709061508661248
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
「本当の春」までは、あともうすこし。
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...