今晩たべたい!もぎたてたべごろ春野菜

ぽかぽかな陽気に誘われて、どちらかというと引きこもりがちな人も散歩に出かけてみたり、浴室乾燥派な人も外に洗濯物を干してみたり。春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節ですよね。

それは「野菜」も同じ。とくに、これらの野菜たちは、いまが旬!
一年の中でいまが一番おいしいといっても過言ではありません。

TABI LABOの“食いしん坊チーム”が選りすぐった、これらのレシピを今晩作ってみませんか。

01.
キャベツ

年中食べれると思って油断してない?春先のキャベツは、葉がやわらかくて甘みが強いのです。サラダなど生でいただくのがおすすめ。生が苦手なら、炊飯器で丸ごとスープに!

02.
トマト

トマトも通年スーパーで手に入るけれど、この時期に獲れるものは糖度が高いのが特長。せっかくならシンプルに食べたいところ。切れ目を入れてチーズを挟むだけとかね。

03.
アスパラガス

みずみずしくて、シャキシャキした食感がたまらないこの時期のアスパラガス。ニンニクとの組み合わせは、一度試すとやみつきです。

04.
新じゃがいも

基本的にいつも手ごろで一人暮らしの強い味方、じゃがいも。ふかした新じゃがが、今宵の晩酌の主役に大変身しますよ。

05.
新玉ねぎ

BBQっぽくワイルドに調理して、夜風を浴びながらバルコニーなんかでビールとともにいただくのもオツです。ヨーグルトに入れれば、整腸作用もあってしかもおいしい調味料に!

06.
そら豆

炊き込みごはんの具材にするのもいいけれど、せっかくならそのままつまみたい。こんなディップソースとともに召し上がれ。

07.
絹さや

β-カロテン、ビタミンなど栄養満点のサヤエンドウ。さやごと食べるから食物繊維もたっぷり。TABILABO的には「砂肝」との組み合わせがGOOD。

関連する記事

通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
本格スパイス商「アナン」と、廃棄予定の野菜を活用した瓶詰めソースを作る「ファームキャニング」がコラボして作られた、新作カレーペーストの販売がスタート。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
すべての「眠たい」人へ。
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
産直の新鮮野菜をお得に、しかも非接触で買えると人気の「ドライブスルー八百屋」が再開!
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
「ほぼ日」から、初となるオリジナルの野菜ジュースが登場。フレッシュさ、無添加、手軽さ、おいしさと、ほぼ日のこだわりが詰まった一杯。
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
ぽかぽか陽気の日の昼下がりには。
ヨーロッパ最大級の野菜加工会社「HAK」の主導で考案された「The Helping Plate」。“子どもたちに、無理なく、より多くの野菜を食べてもらうこ...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...