炊飯器に「キャベツ」をまるごと入れた結果・・・大変身

料理に自信がない人でも、失敗しない「簡単!炊飯器クッキング」をハウツー動画の「ビエボ」よりご紹介。炊飯器のポテンシャルを存分に活かしたお手軽レシピ。手間をかけずに美味しければ、言うことなしでしょ?

ズボラ飯の決定版!
炊飯器にポンの簡単調理

スクリーンショット 2015-10-12 19.47.59見た目は…さておき、キャベツ丸ごと1個使って作る、特大のロールキャベツといったところ(包んではいませんけどね)。
まずは、材料。キャベツ1玉、固形ブイヨン2個、水400ccとこれだけ。作り方 もシンプルそのもの。これを「面倒〜」なんて思ってたら、もう何の料理もできませんよ!早速、レシピをご紹介しましょう。

01.
キャベツの芯をとる

スクリーンショット 2015-10-12 19.49.31

まずは、キャベツの芯を包丁でくり抜きます。手を切らないように注意して!

02.
キャベツを水に浸け
汚れをとる

スクリーンショット 2015-10-12 19.49.50

芯をくり抜いたら、キャベツをしばらく水に浸して、葉の間にあるゴミや虫を取りましょう。目安としては、5分から10分。長く浸けすぎると切断面から栄養分が逃げてしまいます。

03.
炊飯器の中央に
固形ブイヨン投入

スクリーンショット 2015-10-12 19.50.49

炊飯器の底に固形ブイヨンを2つ置きます。これが味の決め手。

04.
丸ごとキャベツを
炊飯器にポン!

スクリーンショット 2015-10-12 19.51.31

次に、くり抜いた芯を下向きにして炊飯器の中にキャベツを投入。もしも、すっぽり入らない場合は半分(もしくは1/4)にカットしましょう。でも、丸のままがこの料理の醍醐味です。

05.
水を400cc入れたら
フタをして炊飯開始

スクリーンショット 2015-10-12 19.52.01

次に水を400cc入れます。材料はこれで全部。あとはフタをして炊飯ボタンを押し、炊き上がりを待つだけ。炊飯時間は?なんて細かいことは気にしない。それがズボラ飯のいいところ。

06.
できあがり。

スクリーンショット 2015-10-12 19.46.37

炊き上がりはご覧の通り。ふっくら美味しそう。もしも、火の通りが足りないようならば、炊飯ボタンを押して再加熱してみましょう。キャベツの旨みをたっぷり含んだスープと一緒に、おいしく召し上がれ!

Licensed material used with permission by ビエボ

どこか有名店のクリスマスケーキをあらかじめ予約するのも楽しみのうち。ですが、手づくりで誰かをもてなすのもいいですよ。オーブンがなくても、ケーキ型がなくても...
ファミレスの定番メニューのひとつとして、日本人の舌にも受け入れられた米ケイジャン料理の「ジャンバラヤ」。でもこれ、ピラフなのか炊き込みごはんなのかイマイチ...
秋の味覚の一つである「焼き芋」を自宅で簡単に作る方法が、ハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載されています。用意するものは、サツマイモと炊飯器と水のみ。火を...
グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
柔らかくって、瑞々しくって、ほんのり甘い……春キャベツがおいしい季節ですね。なるべく生のまま食べるのが美味しいし、栄養のロスも少ないのですが、まるごとドー...
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
どうです、このはみ出んばかりのキャベツ。これでもか!とばかりに大量の千切りキャベツを挟んだご存知「沼サン」。最近話題ですよね。アレンジ自在の手作りボリュー...
ダイエット中だから高脂肪の食事は避けたい。そんなとき、高野豆腐が強い味方になってくれることを知っていましたか? 噛み応えのある独特の食感を上手く利用して、...
コロッケやメンチカツは、好きな人が多い一方で、作るのにちょっと手間がかかります。油で揚げるのは、どうしてもハードルが高いですよね。でも、ここで紹介する作り...
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
先日、炊飯器が壊れたので、ある家電量販店へ修理を依頼しに行った。すると、修理費を見積るのに前金が必要で、もし、見積もりが高く、修理を中止にする場合は、預け...
〈GLORIA(グロリア)〉の「Pro5 スプレーボトル」は、ちょっとカッコつけて噴霧器と呼びたくなります。いかにもプロツールといった外観のせいだけじゃあ...
水を入れて置くだけで機能する加湿器がコレ。寒暖の差が激しい季節には、風邪予防対策するためにも重宝しそうです。岡田心がデザインしたeco加湿器「マスト」は、...
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
フランスとスペインに接する、ピレネー山中のアンドラ公国。この小さな国から生まれた名物料理が「トリンチャット」です。いわゆるマッシュポテトにキャベツを入れ、...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...