「青臭さ」を取って、生キャベツを美味しく食べよう!

柔らかくって、瑞々しくって、ほんのり甘い……春キャベツがおいしい季節ですね。なるべく生のまま食べるのが美味しいし、栄養のロスも少ないのですが、まるごとドーンと買ってしまうと使いきれず、日が経つにつれて外葉と芯が青臭くなってきてしまいます。

そんなときにオススメしたいのが「レモン水漬け」。この方法を知っておけば、生のキャベツをもっと楽しめますよ!

キャベツの青臭さの原因は?

3ca8dea3b81a16116353beab8335a7e432541d9c

キャベツにはイソチオシアネートという成分が多く含まれています。がん予防などに効果のある成分なのですが、空気中の酸素に触れると、ジメチルスルフィドという成分に分解されてしまいます。このジメチルスルフィドが、古くなったキャベツ独特のニオイの原因なんです。

レモンに含まれる
クエン酸の力を利用しよう!

02f9dd39420a77d30827e6399cc30343f308326a

ここで利用したいのが、レモンに含まれるクエン酸による消臭効果です。重曹を使うという方法もよくありますが、レモン水を使ったほうが風味の邪魔にならないというメリットがあります。また、キャベツが黒ずんだり、色が悪くなるのを予防する働きも!

レモン水漬けの方法は?

やり方は簡単です。キャベツ1/3個をボウルに入れ、ひたひたになる程度の水を注ぎ、レモン汁小さじ1を加える。3分ぐらい待って、ざるで水を切ればOK。

ポイントはたったひとつ。漬け込む時間です。長時間漬け込むと、栄養が流れ出てしまうので、必ず3分以内で。これが鉄則です。

また、刻んでからレモン水漬けするのもアリ。より臭み消し効果が期待できます。ぜひ試してみてくださいね。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
料理に自信がない人でも、失敗しない「簡単!炊飯器クッキング」をハウツー動画の「ビエボ」よりご紹介。炊飯器のポテンシャルを存分に活かしたお手軽レシピ。手間を...
自分も「明日はだれかにやさしくしたい」って思っちゃう。
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
その才能の秘密を教えて!
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
どうです、このはみ出んばかりのキャベツ。これでもか!とばかりに大量の千切りキャベツを挟んだご存知「沼サン」。最近話題ですよね。アレンジ自在の手作りボリュー...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...