冷凍しないほうがモッタイナイ野菜があった!

単身や、二人暮らしの家だと野菜を使いきるのって難しいですよね。「どうせ使い切れないなら…」と、買うのをためらったり、買ったはいいものの結局使い切る前に腐らせてしまったり。

ならばと、冷凍保存があるわけですが、凍らせることで食感が損なわれてしまうというデメリットも。でもね、なかには冷凍することで逆に調理する際、味がしみやすくなったり、柔らかくなったりと、メリットありな野菜もあるんですよ。

ここに紹介するのは、「コレだけは冷凍すべき!」な野菜たちです。

01.
【だいこん】
味がしみやすくなる

だいこんは厚めに切って冷凍しておき、煮物などに使うのがおすすめ。凍った状態でお鍋に入れれば、味が染み込みやすくなり、食感にもハリが出ます。さらに煮崩れもしにくくなるので、長時間の煮込み料理や、おでんなどにもぴったりです。

少し弾力が主張する食感になるので、それが苦手な方は15分ほど自然解凍してから使ってみて。

02.
【たまねぎ】
あめ色に仕上げるならコレ!

たまねぎは、薄切りかみじん切りにして冷凍庫へ。冷凍することによって細胞が壊れやすくなります。また、水分が出てしんなりしやすくなるため、手早く炒めることができるんです。食感がやわらかく、しんなりするので、ミートソースやカレーに用いる際は特におすすめ。

 03.
【きのこ類】
うま味も栄養もアップ!?

うま味も栄養もアップ!?”きのこ類”

 

たまねぎと同じく細胞が壊れることによって、加熱後にうま味、栄養が出てきやすくなると言われているのがきのこです。凍ったまま料理に使うことで、流れ出た成分を余すところなく取り入れるとができます。生の状態と同じように使うこともできますよ。

保存するときには洗わずに凍らせること。ここポイントです。洗ってしまうと、栄養が流れ出してしまいます。

04.
【トマト】
鮮度と栄養をキープ

トマトはまだ青いうちに収穫され、輸送中に追熟し、店頭に並ぶころがベストな状態になることが一般的。十分に追熟した状態からさらに置いてしまうと、ビタミンなどの損失につながると言われています。冷凍することで、栄養的な変化をゆるやかにすることができます。

食感が柔らかくなるため、ソースにしたり、スープにすると濃く深い味わいが楽しめます。もしも、トマトの皮の食感が気になるときは、少し解凍してから。つるりと簡単に皮が向けますよ。

05.
【はくさい】
くたっとした食感がおいしい

はくさいはざく切りなど、好きなサイズに切って冷凍しておけばOK。冷凍することでシャキシャキとした食感がなくなりますが、そのぶんくたっとして、舌の上で溶ける食感に様変わり。凍ったまま鍋物にさっと入れるだけ。相性ぴったりですよ。

材料を切った状態で冷凍するため、手間なく料理に使えるのが嬉しいですね。

忙しく生活しているとなかなか自炊できず、炊いたごはんを冷凍したまま時間が経ってしまい、マズくなってしまうことも……。そんなとき、アレをかけると大復活するんです!
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
秋の味覚きのこ、その多くがこの時期に旬を迎えます。できるだけ新鮮に、長く旬のキノコをたのしむならば、冷凍保存がオススメ。冷凍することで「風味が悪くなる」な...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
野菜のマリネは、保存性を高めることができるため世界各地で用いられている料理法。ところが、ひと口にマリネといっても、地域によってその特色はさまざま。たとえば...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...