あえて「干しパプリカ」でつくるオムレツにしかない、とびきり食感

パプリカを生のままかじる。瑞々しい、しょくしょくの食感がたまりません。あれはあれでおいしい。うん、間違いなく。

そこからもう一歩踏み込んで、「半干し」もしくは完全に「ドライ」にしちゃって料理に使うというのも、じつはパプリカの魅力を引き出すテクニック。大丈夫、あの鮮やかな赤、黄、オレンジがぬけちゃうワケじゃありません。

乾燥具合は料理や好みに合わせてOK。でも、おすすめは完全にドライになる3日目。

シャキシャキの食感は「しなしな」に変わりますが、甘さがぐーんと増すんですよね。これでナムルなんかつくったりマリネにすると、フレッシュに負けず劣らずの美味。ビールがすすんで仕方ない!

©2021 NEW STANDARD

<ポイント>
★干し時間は2〜3日がベスト!
★セミドライなら5時間ほど

干しパプリカのオムレツ

©2021 NEW STANDARD

■材料(2人分)

・干しパプリカ:1/2個分
・卵:3個
・生クリーム:30ml
・サラダ油:小さじ1
・バター:1切れ
・イタリアンパセリ:少々
・塩:少々

■作り方

干しパプリカをぬるま湯で15分ほど浸して戻します。よく水気を切ってお好みのサイズにカット。卵をよくときます。面倒でも卵液は一度ザルなどでこすと、仕上がりが格段に変わってきますよ。そこへ生クリーム、塩を加えて味を整えます。これで準備は完了。

次にフライパンにサラダ油をひいてパプリカを炒めていきます。ほどよく炒まったら、いったんフライパンから上げておきましょう。

フライパンにバターを入れて溶けたら卵液を流し入れます。ここでパプリカ投入。ヘラで混ぜながら半熟状になるまで火を通していきます。半熟になったら火を止めちゃいます。あとは余熱でOK。

さあ、成形していきましょう。フライパンの周りに卵がこびりついた部分があるはずです。そこからやさしくヘラをすべり入れ、フライパンを手前から奥に傾けながら卵を1/3折りたたんでいきます。今度は反対側から。このときフライパンの淵を使ってすべらせてくると、きれいな楕円形ができるはず。多分。あとはイタリアンパセリを散らして完成!

フワフワ卵と干しパプリカの食感の違いを楽しんでみて。

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
「ズッキーニのナムル」をさらにおいしくする、たったひとつの方法、教えます。
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
ふわふわ、とろとろ、芸術作品みたいなオムレツ。あれ、どうやって作ってるかというと…。
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
バルの定番メニューのひとつが、このスペイン風オムレツ「トルティージャ」。むずかしい料理ではないんだけれど、ジャガイモを茹でる手間や、フライパンでひっくり返...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
天然クラフトコーラ専門店「ともコーラ」が教えてくれたのは、鍋ひとつでつくる「自家製コーラ」。スパイスたっぷりで、カレーや肉料理にも使えます。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。