赤ちゃんにも四季を感じる食事を。旬の採れたて野菜でつくる「オーガニックベビーフード」

「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」

Baby Organic」は、そんな疑問を抱いた株式会社ビーンズが作る無添加有機無農薬のベビーフード。大量生産ではなく、旬の採れたて野菜だけを使った「限定生産」の離乳食です。

四季を感じる
「料亭」のような離乳食

同社によると、一般的に売られているベビーフードの中には「スーパーで売れないようなB級、C級といわれる野菜」や「鰹や昆布から大量生産した質の低いエキス」でつくられているものも多いのだそう。だからこそ、本当に自分の子どもに食べさせたいベビーフードとして「Baby Organic」 を作ったといいます。

使用される有機無農薬野菜は、専属農家が25年以上にわたって丹念に育ててきた「土」で作ったもの。さらに、天然の枕崎産鰹節と北海道産昆布から手仕込みで出汁をとっています。

2016年5月下旬に
2品を新発売!

【ブロッコリーポタージュ】

【新たまねぎ&新じゃがいも
&みずな おじや】

さらに、既存の5種類が
コチラ!

【ニンジン&タマネギ おじや】

【紅はるか(さつまいも)
ポタージュ】

【ほうれん草&小松菜 おじや】

【にんじんゼリー】

【春キャベツ&カブ おじや】

どれも、5ヶ月〜15ヶ月までの幅広い月齢の赤ちゃんが食べられるよう、お米や具材をほどよい柔らかさと大きさに仕上げています。採れたての野菜を使っているので、夏ニンジンは爽やかな味に、一方冬ニンジンは甘味豊かな味になる模様。

この通り、いつでもどこでも簡単に、直接スプーンに出して食べられます。

赤ちゃんの健康的な成長を望んで、農家や栄養士と一緒に真心込めて作った離乳食。より詳しくはコチラから。

Licensed material used with permission by 株式会社ビーンズ
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
日々の子育てのドタバタから非日常の世界へ旅立つことで心もリフレッシュ。ちょっとした工夫が旅をグッと楽しく、そして気軽なものにしてくれました。経験から伝えた...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
オーストラリアに乳児専用のスパがあるよう。なんでも、そこを訪れたベビーたちはみんな、見ているこちらもニンマリしてしまう程の満足そうな顔をするんだとか。私の...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
ジャンクフードもヘルシーに楽しめるヴィーガンバーガーを食べられる外苑前のカフェORGANIC TABLE BY LAPAZ〒150-0001 東京都渋谷区...
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
赤ちゃんをお風呂に入れるのは、ママやパパにとっても意外と大変なお仕事。大人用のバスタブじゃ大きすぎるし、かといって専用のベビーバスはプラスチックが硬くて痛...
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...