ミニ&ベビー野菜で栄養たっぷりサラダ

毎日でも食べたいサラダ。けれど、あれこれと葉もの野菜を揃えるとなると、それだけでも結構な値段に。いつも生野菜を余らせてしまうなんて人にも、こんなサラダの提案です。なんせこれ、包丁も不要の食べきりお手軽サラダですから。

栄養素は、“発育段階”にあり

ミニとベビーにこだわったサラダの提案です。

元来ベビーリーフは、いろいろな葉もの野菜の若葉を混ぜたもの。成長途中の葉には、育ちきった野菜よりも多くの栄養が含まれているうえ、1袋に何種類もの野菜が入っているため、それぞれの野菜がもつ栄養が手軽にとれ、バランスのいいサラダがつくれます。

このベビーリーフにミニトマト、ブロッコリースーパースプラウトを加えればバッチリ。さらにここにナッツを追加するだけで、ビタミン、ミネラルがプラスされてさらに栄養バランスUPが期待できます。

コンビニなど市販のできあいサラダもいいですが、時間が経つにつれて食材は酸化しやすくなります。それならば、毎日の食事には、包丁入らずでカンタンに和えるだけのフレッシュなものを。

4905938372788224
©FOOD CREATIVE FACTORY

ドレッシングはお好みのものでOK!生ハムやスモークサーモン、ツナをトッピングするなどして、味を変えながら毎日の食事に取り入れてみませんか。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全て...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。