ミニ&ベビー野菜で栄養たっぷりサラダ

毎日でも食べたいサラダ。けれど、あれこれと葉もの野菜を揃えるとなると、それだけでも結構な値段に。いつも生野菜を余らせてしまうなんて人にも、こんなサラダの提案です。なんせこれ、包丁も不要の食べきりお手軽サラダですから。

栄養素は、“発育段階”にあり

ミニとベビーにこだわったサラダの提案です。

元来ベビーリーフは、いろいろな葉もの野菜の若葉を混ぜたもの。成長途中の葉には、育ちきった野菜よりも多くの栄養が含まれているうえ、1袋に何種類もの野菜が入っているため、それぞれの野菜がもつ栄養が手軽にとれ、バランスのいいサラダがつくれます。

このベビーリーフにミニトマト、ブロッコリースーパースプラウトを加えればバッチリ。さらにここにナッツを追加するだけで、ビタミン、ミネラルがプラスされてさらに栄養バランスUPが期待できます。

コンビニなど市販のできあいサラダもいいですが、時間が経つにつれて食材は酸化しやすくなります。それならば、毎日の食事には、包丁入らずでカンタンに和えるだけのフレッシュなものを。

©FOOD CREATIVE FACTORY

ドレッシングはお好みのものでOK!生ハムやスモークサーモン、ツナをトッピングするなどして、味を変えながら毎日の食事に取り入れてみませんか。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
先日6日、「ハーバード大学」は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けて、9月から始まる新学期の講義をすべてオンラインへ移行することを発表した。ただ...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
デジタルタトゥーの意味やインターネットやSNSを使う時に気をつけたいことをご紹介。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
「ニューバランス」より新たに登場した「ML754」は、面ファスナーによりロゴが取り替え可能。気分やコーディネートによってさまざまなスタイルが楽しめる!
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?