毎日産地直送!野菜を育てられる「スマート冷蔵庫」。

採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。

見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境をスマホで管理・調整し、中で水耕栽培ができるようになっています。もちろんすべて全自動で動くので、基本的には何もしなくてOK。

キッチンで育てた、
野菜を食べよう。

F7b38904c9491ee4a2fa8b11765e265e118a547a

育てられるのは、野菜・フルーツ・ハーブなど。与える水や栄養素、湿度、光の量、温度、酸素・二酸化炭素量などを調節し、そのデータを管理できるため、作物の種類に最適化した育て方ができます。

DC Inno」に掲載されている過去のインタビューによれば、9月よりKickstarterで資金調達が始まる予定。

これがあればどこでも野菜が育てられる上に、土汚れもなく、虫も寄らなそう。手を付けなくてもよく、何かあればメールで通知してくれるというから至れり尽くせりです。

Reference:DC Inno
Licensed material used with permission by everblume
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育てた野菜...
「Little Things」のライターKate Taylorさんは、「冷蔵庫の使い方」を覆してくれます。食料品じゃなくたって、利点が生まれるなら入れてしまえ!
冷蔵庫を開けた時に、アスパラガスしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
パリに暮らす人々の食生活をのぞき見してみました。
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...