「お〜い!コッチ」すぐ未来の冷蔵庫は、呼べばやって来る

モノとインターネットをつなぐIoTやAI搭載のデバイスは、もはや家電業界におけるスタンダードだけど、まさか自動で「移動する」冷蔵庫が登場するとは……。

LIDAR(ライダー)と深度センサを内蔵した小型冷蔵庫『Ku』が初めてお目見えしたのは、昨年ベルリンで開催された欧州最大の家電見本市「IFA」でのこと。
物体にレーザーを当てて、反射距離や時間を測るLIDARは、自動運転システムのセンサーなどにも応用されている技術。家具や人、ペットもうまく避けながら、スムーズに移動してくるようです。

また、音声認識機能も搭載。キッチンへと食事や飲み物を取りに行かなくても、呼びかけるだけで声を聞き分け、自分のところまで届けてくれる。「お〜い、Ku、ダイニングテーブルまで来て!」こんな具合に。

もともとは、バリアフリーの床でこそだし、身体に障害のある人たちの生活サポートを目的とした設計。まだ試作段階だそうですが、早ければ5年後には市販化の動きもあるとか。
となると……ソファでゴロンと横になったままテレビや映画鑑賞。「お〜い、Ku!」なんて自分を想像せずにはいられない(笑)。

Reference: Panasonic
Top image: © iStock.com/s-cphoto, iStock.com/YiuCheung, 2018 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
なんだろう、見ちゃいけないものを見てるこのドキドキ感。
「Little Things」のライターKate Taylorさんは、「冷蔵庫の使い方」を覆してくれます。食料品じゃなくたって、利点が生まれるなら入れてしまえ!
パリに暮らす人々の食生活をのぞき見してみました。
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
「あなたの体は、冷蔵庫の中身でできている」。そう語るのは、食欲コンサルタントとして200例以上の冷蔵庫を分析してきた村山彩さん。彼女によれば、運動をしなく...
ポップなのにシンプル、そしてスタイリッシュな面構えの冷蔵庫は、スロベニアの家電メーカーgorenje社がフォルクスワーゲン(以下VW)社とコラボレーション...
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
クローゼットの中身をのぞき見しているようで、ちょっぴりドキドキ、後ろめたさも。だから気になって仕方ないのかも。
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...