「冷蔵庫」から見えてくる、パリジャンたちの食生活。

少なくとも、一日3回以上は開け閉めするはずの冷蔵庫。中にどんな食材が入っているか、今すぐ思い出せますか?

コミュニケーションデザイナーSandra Junkerさんが8年かけてウォッチし続けているのは、都市に暮らす人々の“食のリアル”。なんて言ったら少し大げさかもしれませんけど、冷蔵庫の中をチラ見するだけで、なんとなく人となりまで見えてくるような気がするからフシギ。

パリに暮らす人々の食生活。アレ、意外なほどに簡素です。外食中心?

01.

02.

03.

04.

Licensed material used with permission by Sandra Junker, (Instagram)
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
なんだろう、見ちゃいけないものを見てるこのドキドキ感。
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
12月20日、「UNIT + B1FLAT」にて23時から「ライゾマティクス」がオーガナイズするイヤーエンドパーティーが開催。なかなかのアツい夜になりそうだ。
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
呼べば冷蔵庫の方からやってくる。そんな時代が本当に来るかも。
「Little Things」のライターKate Taylorさんは、「冷蔵庫の使い方」を覆してくれます。食料品じゃなくたって、利点が生まれるなら入れてしまえ!
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
ポップなのにシンプル、そしてスタイリッシュな面構えの冷蔵庫は、スロベニアの家電メーカーgorenje社がフォルクスワーゲン(以下VW)社とコラボレーション...
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
「あなたの体は、冷蔵庫の中身でできている」。そう語るのは、食欲コンサルタントとして200例以上の冷蔵庫を分析してきた村山彩さん。彼女によれば、運動をしなく...
クローゼットの中身をのぞき見しているようで、ちょっぴりドキドキ、後ろめたさも。だから気になって仕方ないのかも。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
ジャンクフードの摂取は"適量"に。そうすれば気分も向上して、脳がヘルシーになれるかもしれません。
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
8月14日にBud Lightは、Cleveland Brownsが2018年シーズンで初勝利をあげた時にファンたちにタダでビールをふるまうために、特別な...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。