え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」

国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、海外に暮らす人たちの食事情はどんなもの?

それを「冷蔵庫」という、もっともプライベートな空間から見てみようというコンセプトを、じつに8年にわたって続けている人物がいます。

デザイナーSandra Junkerさんがその人。人々のコミュニケーションをキッチンから考察したこの企画。ロンドンに暮らす人々の食スタイルや宗教まで垣間見えてきませんか?

01.

64874469675499525491192527585280

02.

54469728864829445276692734017536

03.

46752782614528005773811039338496

04.

55252556447744005523982723842048

05.

60099228399042566617092434427904
Licensed material used with permission by Sandra Junker, (Instagram)
パリに暮らす人々の食生活をのぞき見してみました。
なんだろう、見ちゃいけないものを見てるこのドキドキ感。
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...