「イギリスと言えば…」な建物。何かわかる?

イギリスといえばパブ──

旅行や留学でイギリスから帰ってきた人たちから、この言葉を何度も聞いたことがある。ネットで検索しても、イギリスのパブに関するページは数多くヒットする。「イギリス=パブ」という方程式は、広く知られた共通認識に違いないだろう。

私も以前イギリスへ行った時、ロンドンの郊外に住んでいた友人がオススメのパブへ連れて行ってくれたことがある。住宅地から少し離れたところにあり、周りに木々しかない場所にポツンと立っていた。中へ入るとたくさんの人でごった返していて、まさに「社交場」と呼ぶにふさわしい雰囲気は、閑散としていた外と比べ物にならないほど活気があり驚いた。と同時に、その時私は一瞬でパブに魅せられてしまったのだ。

同じくパブに魅せられたイラストレーターがいる。以前もTABI LABOで紹介したことがある、Maxwell Tileseさんだ。

つい最近まで絵を売りながら旅していた彼。その中で展開された「ロンドン市内のパブシリーズ」を紹介したい。ロンドンへ行ったら、彼のイラストを頼りに訪れてみてはどうだろう?

01.
The Crown

セブンダイヤルズに位置する「The Crown」は、1833年にオープンした歴史あるパブ。

02.
Coach & Horses

同じ名前のパブは他にもあるけれど、メイフェアにあるこのパブは、イギリスの伝統的な建築様式である「チューダー様式」を用いた建物だ。思わず写真を撮りたくなるに違いない。

03.
Bricklayers Arms

まるでサンドイッチの具のように両隣の建物に挟まれ、左下がすっぱ抜けている印象的な建物。こちらも1700年代にオープンしたという、歴史ある場所。

04.
The Dove

ハックニーのブロードウェイ・マーケットにある「The Dove」。「美味しいベルギービールも飲めて最高だよ」とMaxwellさんもお気に入りのよう。

05.
The Blackfriar

一度通りかかったら忘れらないと言えるくらい特徴的なこの建物。Maxwellさんも描かずにはいられなかったということ。ロンドンへ行ったらマストチェック!

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2018/03/15 10:00)

Licensed material used with permission by Max Tilse
壁一面、貝だらけ。イギリス南東部マーゲイトの静かな住宅街にあるこの洞窟は、シェル・グロット(貝のほら穴)と呼ばれています。公式ホームページによると洞窟は1...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
イギリスの〈Royal Mail(ロイヤルメール)〉、つまり日本でいうところの郵便局のレターバッグ。手紙の仕分け用です。A4サイズの書類を入れても余裕があ...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
去る1月18日、イギリス政府はクラブやバー、パブ、ライブハウスの存続をサポートするために、ある声明を発表しました。その背景には「ユニークなイギリス文化を守...
どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなど...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...