「イギリスと言えば…」な建物。何かわかる?

イギリスといえばパブ──

旅行や留学でイギリスから帰ってきた人たちから、この言葉を何度も聞いたことがある。ネットで検索しても、イギリスのパブに関するページは数多くヒットする。「イギリス=パブ」という方程式は、広く知られた共通認識に違いないだろう。

私も以前イギリスへ行った時、ロンドンの郊外に住んでいた友人がオススメのパブへ連れて行ってくれたことがある。住宅地から少し離れたところにあり、周りに木々しかない場所にポツンと立っていた。中へ入るとたくさんの人でごった返していて、まさに「社交場」と呼ぶにふさわしい雰囲気は、閑散としていた外と比べ物にならないほど活気があり驚いた。と同時に、その時私は一瞬でパブに魅せられてしまったのだ。

同じくパブに魅せられたイラストレーターがいる。以前もTABI LABOで紹介したことがある、Maxwell Tileseさんだ。

つい最近まで絵を売りながら旅していた彼。その中で展開された「ロンドン市内のパブシリーズ」を紹介したい。ロンドンへ行ったら、彼のイラストを頼りに訪れてみてはどうだろう?

01.
The Crown

セブンダイヤルズに位置する「The Crown」は、1833年にオープンした歴史あるパブ。

02.
Coach & Horses

同じ名前のパブは他にもあるけれど、メイフェアにあるこのパブは、イギリスの伝統的な建築様式である「チューダー様式」を用いた建物だ。思わず写真を撮りたくなるに違いない。

03.
Bricklayers Arms

まるでサンドイッチの具のように両隣の建物に挟まれ、左下がすっぱ抜けている印象的な建物。こちらも1700年代にオープンしたという、歴史ある場所。

04.
The Dove

ハックニーのブロードウェイ・マーケットにある「The Dove」。「美味しいベルギービールも飲めて最高だよ」とMaxwellさんもお気に入りのよう。

05.
The Blackfriar

一度通りかかったら忘れらないと言えるくらい特徴的なこの建物。Maxwellさんも描かずにはいられなかったということ。ロンドンへ行ったらマストチェック!

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2018/03/15 10:00)

Licensed material used with permission by Max Tilse
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
壁一面、貝だらけ。イギリス南東部マーゲイトの静かな住宅街にあるこの洞窟は、シェル・グロット(貝のほら穴)と呼ばれています。公式ホームページによると洞窟は1...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...