バッキンガム宮殿の近くで飲む「高すぎる紅茶」

「これぞバッキンガム宮殿」といえるような高貴な雰囲気を味わえる紅茶がロンドンにある。

宮殿近くに位置するホテル「The Rubens at The Palace(ルーベンス アット ザ パレス)」でサーブされる紅茶なのだが、なんと1ポット500ポンド(約6万5000円)。「CNN」によれば、1カップあたり200ドル(約2万1500円)もするそうだ。

茶葉の分量を測る際には金のピンセットが使われ、紅茶を入れる際には特別なティーセットを使用。

バッキンガム宮殿に併設されるロイヤル・ミューズを望みながらの一杯。このような要素も観光地特有の雰囲気を盛り上げてくれる大事な要素に違いない。

Reference: CNN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事