リプトンが教えてくれる
スリランカの「飲まない」紅茶の
楽しみ方

世界で最も名の知れた旅行ガイドブック「Lonely Planet」が、2019年に訪れるべき国として一番に推すスリランカ。国名を聞いて紅茶を思い浮かべる人もいるでしょう。

事実、北海道の約0.8倍の国土にもかかわらず、紅茶の輸出量で中国に次いで世界第2位。そして、このスリランカを優れた紅茶の産地として見出した人物こそ、有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトン。

彼が最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リプトンズ シート)」と名付けられた「紅茶王」が愛した茶園の景色を眺められる展望台があるのが有名。

オススメは、霧を避けられる早朝です。朝日が昇る時間帯には、茶園がオレンジ色に美しく照らされ、飲み物とは違う紅茶の魅力堪能できます。

スリランカで「リプトンを楽しんだ~」という土産話は、紅茶の本場でカップに入ったソレを飲むのではなく、茶園がつくりだす絶景に癒やされる体験になる。そんな旅の楽しみ方が、この国にはあるんです。

Top image: © Walk My World
他の記事を見る
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
スリランカのヤーラ国立公園近くに位置するロッジ「Wild Coast Tented Lodge」。テントスタイルの全28室の客室はすべて白くて丸みを帯びた...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
専門店に負けないスリランカカレー。それもビュッフェスタイルで!
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
スリランカ最南端の町マタラの海岸線。水平線の向こう、足早に落ちていく太陽が、とき色に空を染めている。浅瀬に突き立てた棒の上で男たちは、指先に伝わるかすかな...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。