リプトンが教えてくれる
スリランカの「飲まない」紅茶の
楽しみ方

世界で最も名の知れた旅行ガイドブック「Lonely Planet」が、2019年に訪れるべき国として一番に推すスリランカ。国名を聞いて紅茶を思い浮かべる人もいるでしょう。

事実、北海道の約0.8倍の国土にもかかわらず、紅茶の輸出量で中国に次いで世界第2位。そして、このスリランカを優れた紅茶の産地として見出した人物こそ、有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトン。

彼が最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リプトンズ シート)」と名付けられた「紅茶王」が愛した茶園の景色を眺められる展望台があるのが有名。

オススメは、霧を避けられる早朝です。朝日が昇る時間帯には、茶園がオレンジ色に美しく照らされ、飲み物とは違う紅茶の魅力堪能できます。

スリランカで「リプトンを楽しんだ~」という土産話は、紅茶の本場でカップに入ったソレを飲むのではなく、茶園がつくりだす絶景に癒やされる体験になる。そんな旅の楽しみ方が、この国にはあるんです。

Top image: © Walk My World
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
タイ大手シーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を「天ぷら」にして発売することを発表した。数ヵ月以内には売り出すという。
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...