「ヴィラ」として観光客を楽しませる
スリランカの象

リゾート開発が進み、年々注目度が高まっているスリランカ。「Lonely Planet」に、2019年訪れるべき国ランキングで一位に挙げられるほどにまで成長。

日本人にはあまり馴染みがない国かもしれませんが、スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。

で、現地では多くの象が、観光客を魅了しています。でも、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありません。リゾートのヴィラとしてもその愛くるしさを発揮しているのです。

それが、「Kumbuk River Resort」の「Elephant Villa」。ぐるりと曲線を描いた長いお鼻がまさにといった感じ。で、とにかく大きい!広々とした空間が確保されていて、子ども連れの家族が宿泊した場合でも、小さい子であれば走り回れるほど。腹部にはベッドが設置され、象が大切なお客様を守ろるかのよう。

夜になるとライトアップにより、星空の下でドッシリとした重厚感が強調されます。

こんなふうに、姿・形を変えて国内の至るところでトラベラーを楽しませているスリランカの象。今後、同国の観光業がさらに成長する中で、“彼ら”は大きな役割を担っていくことでしょう。

Top image: © 2019 KumbukRiver
他の記事を見る
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
スリランカのヤーラ国立公園近くに位置するロッジ「Wild Coast Tented Lodge」。テントスタイルの全28室の客室はすべて白くて丸みを帯びた...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
専門店に負けないスリランカカレー。それもビュッフェスタイルで!
スリランカ最南端の町マタラの海岸線。水平線の向こう、足早に落ちていく太陽が、とき色に空を染めている。浅瀬に突き立てた棒の上で男たちは、指先に伝わるかすかな...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
オーストラリアでもっとも古い大学である、シドニー大学。ここに今、中国人観光客が殺到しています。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
今日のスパイスカレーブームを牽引してきた、東京・中目黒の老舗スリランカ料理店「セイロン イン」。オススメはフィッシュカレーです。
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...