ヒマラヤ山脈を一望できる「テントタイプの贅沢ヴィラ」

ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas Lake View」が誕生します。

オープンを手がけるのは「The Pavilions Hotels & Resorts」。2020年に北海道・ニセコにもホテルを建設予定のホテルグループです。彼らはこのヴィラを「ネパールで最初のテントタイプのラグジュアリーエコヴィラ」だと説明。

やはり特筆すべきは景色でしょう。部屋から眺められるのは、多くのクライマーが登頂を夢見るヒマラヤ山脈のアンナプルナです。

景色を存分に楽しむためのトレッキングやカヤックなどのアクティビティも提供するそうですよ。

他の記事を見る
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
もうすぐ一周年の「コモ ウマ チャングー」。このホテルの一番の特長は、優美な曲線を描く屋根付きプールがあるペントハウス。バリで優雅な時間を味わう旅を検討し...
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
ここまで開放的なバンブーハウスは見たことがないし、正直、泊まってみたい。ビーチで波の音を聞きながら、しっぽりと乾杯してみたいものだ。しかもこのバンブーハウ...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
総工費約3380億円ともいわれる、UAE・アブダビのホテル『エミレーツ・パレス』。ホテルというより、その名の通り「宮殿」のような超豪華な施設は、宿泊者でな...
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
11月19日〜25日、60ヶ国450ヵ所のB&Bで実施されるサービスの紹介です。「Barter Week」と呼ばれていて、旅人たちは物々交換をすることで部...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
フォトグラファーOmar Redaの写真に映るのは、サドゥーと呼ばれるヒンドゥー教徒の修行者たち。彼らの顔に施された装飾をみるとユニークなものばかりで、日...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
特別秀でたモノはない。けれど、歩を進める度に、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く冒険心をくすぐってくれるモ...
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。