あらゆる欲求を放棄した末に辿り着いた「聖者たちの姿」

ブッダの生誕地ルンビニがあることでも知られているネパール。興味深いことに、同国ではヒンドゥー教徒がマジョリティとなっています。さらに関心を高めるのは、比較的小さい国土にもかかわらず、ネパール大使館によれば、93以上の言語が話されているということ。つまり、それだけ多くの文化が混在しているのです。

同じヒンドゥー教徒でも大きな違いがある。風習や儀式、信じる神までも異なる、というのを教えてくれたのが、フォトグラファーOmar Redaの写真。彼の作品を見ると、ネパールがいかに多くの信仰に溢れているのかを感じることができるはず。

「無になること」を選んだ
ヒンドゥーの修行者たち

A post shared by Omar Reda (@omarreda) on

A post shared by Omar Reda (@omarreda) on

A post shared by Omar Reda (@omarreda) on

A post shared by Omar Reda (@omarreda) on

A post shared by Omar Reda (@omarreda) on

A post shared by Omar Reda (@omarreda) on

A post shared by Omar Reda (@omarreda) on

A post shared by Omar Reda (@omarreda) on

A post shared by Omar Reda (@omarreda) on

写真の人たちの正体は、「サドゥー」と呼ばれる、ヒンドゥー教徒の修行者。中には、聖地巡礼をするためにインドから来た者もいるそう。ちなみに、何人かが顔を白く塗っている理由は、「聖なる灰」を身に纏うためなんだとか。

Omarは、多様な文化に存在する装飾性をこう読み取っています。

「私は、アートが人類の進化に欠かせないものだったと信じています。言葉にできないような大きなエネルギーを崇拝するのに、重要な役割を果たしていたのでしょう」

Licensed material used with permission by Omar Reda(HP), (Instagram)
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
お寺での修行がエンターテイメントとして注目を集めている。その名も「テンプルステイ」!ホームステイのようにお寺に寝泊まりし、本物のお坊さんと一緒に修行を体験...
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
目覚めた時から、曖昧な記憶になるのが夢というもの。Patty Maherは現実と夢の狭間を写真で表現しています。彼女の作品は、どれも眠りの世界へ誘われるよ...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...