あらゆる欲求を放棄した末に辿り着いた「聖者たちの姿」

ブッダの生誕地ルンビニがあることでも知られているネパール。興味深いことに、同国ではヒンドゥー教徒がマジョリティとなっています。さらに関心を高めるのは、比較的小さい国土にもかかわらず、ネパール大使館によれば、93以上の言語が話されているということ。つまり、それだけ多くの文化が混在しているのです。

同じヒンドゥー教徒でも大きな違いがある。風習や儀式、信じる神までも異なる、というのを教えてくれたのが、フォトグラファーOmar Redaの写真。彼の作品を見ると、ネパールがいかに多くの信仰に溢れているのかを感じることができるはず。

「無になること」を選んだ
ヒンドゥーの修行者たち

写真の人たちの正体は、「サドゥー」と呼ばれる、ヒンドゥー教徒の修行者。中には、聖地巡礼をするためにインドから来た者もいるそう。ちなみに、何人かが顔を白く塗っている理由は、「聖なる灰」を身に纏うためなんだとか。

Omarは、多様な文化に存在する装飾性をこう読み取っています。

「私は、アートが人類の進化に欠かせないものだったと信じています。言葉にできないような大きなエネルギーを崇拝するのに、重要な役割を果たしていたのでしょう」

Licensed material used with permission by Omar Reda(HP), (Instagram)
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
SNSの普及に伴い聞く機会が多くなった「承認欲求」という言葉。この記事では、承認欲求の意味や付き合い方をご紹介していきます。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
アラブ首長国連邦(UAE)のイメージは、とにかく規格外の豪華さや輝かしいゴールド。でも、フォトグラファーHussain AlMoosawiさんが撮る石油大...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
縁結びで知られる「出雲大社」の古代の姿をARやVRで楽しめる「古代出雲大社高層神殿AR・VR」が制作され、無料の史跡観光アプリにて今月から公開中。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」だ。
11月7日、アメリカ大統領選挙でジョー・バイデン前副大統領が当選確実だと伝えられ、次期副大統領になることが確実となったカマラ・ハリス上院議員が、デラウェア...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
世界的な権威を持つファッション雑誌のイタリア版『VOGUE ITALIA』は、2020年最初に刊行する1月号において「写真を使用しない」と発表。今月号では...
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...