「自分自身に勝った」とき、人はこうなってしまう

小腹が空いても寝る前にはお菓子を食べない。どれだけ疲労困憊でもルーティンのランニングは欠かさない。自社の命運がかかった緊張感の半端ないプレゼンをやり抜く。

程度はさまざま。でも、毎日が自分自身との戦いと言っていいと思います。

ここで取り上げる写真集も、あるシーンにおいて、人が己に打ち勝った様子をとらえたもの。では一体、何の戦いだと思いますか?

左/戦闘前
右/戦闘後

5314485459877888470503996889497652955991465000966076728338284544

ウェアでなんとなく分かるかもしれませんね。

フォトグラファーEddie Cohenさんは、フルマラソンに臨んだランナーのビフォーアフターに着目。緊張感や苦しさを乗り越えた先に、相当な達成感があったことがうかがえます。

あえてモノクロで撮ることで、表情の変化の様子が鮮明に伝わるというもの。もはやそこに言葉は要りません。

5230125490634752

己に勝って泣く。これはもう、最高に気持ちのいい涙。

Top Photo by Eddie Cohen
Licensed material used with permission by Eddie Cohen
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
自分自身が悩みを抱え込む時、友達との関係を、必要としています。もちろん、他者である友達も大事ですが、中でも大事なのは、“自分自身”という友達。人気動画シリ...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
まっすぐな人を見ると、ああ自分もこうありたかったんだ、と思い出す。まさにそういう人物だった。
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
Chessie Kingさんは24歳のスタイルブロガー。Instagramにも自身のショットを投稿しています。完璧なプロポーションの写真が並ぶ中、Ches...
現在20歳のConor Nickersonは、少年時代の自分と青年になった自分が一緒にうつる合成写真を作り出した。はじめは、ただの個人的な挑戦だったのらし...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...