「合成なし」と聞いても信じられないほど、ファンタジーな写真たち

まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。

森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマが顔を出し、ヴィクトリア調を思わせるドレスを身につけた女性は、ウサギを抱いて物憂げな表情をしています。

いろいろなイメージをつなぎ合わせたかのようなこの写真。どうやって撮ったのか不思議に思う人もいるでしょう。ちょっと詳しい人なら「ははあ、別々に撮った素材をフォトショップで合成したんでしょ?」と思うかもしれませんね。

でも実はこの写真、合成を使わず、全て実際にセットを組んで撮影したものなんです。

合成なしで
夢の世界を作り出す

写真家のAdrien Broomさんは、ファンタジックな光景を、合成に頼らず撮影するアーティスト。Broomさんはこうした作品を作り始めたきっかけを次のように語っています。

「もともと私は、コンピューターアニメーションを勉強していました。でもどうしてもCGで作られた物語には感情移入できなかった。現実に形のあるセットを組み立て始めてから、ようやく『これだ』と思えるようになったんです」

CGでなんでも
できちゃうからこそ
輝くリアリティ

フォトショップを含むCG技術はこの10年で目覚ましい発展を遂げ、全く存在しないような世界観を描くことも容易になりました。写真の修正はモデルを別人にしてしまうほどですし、その粋を凝らしたハリウッドの大作映画などでは、現実のセットなのかCGなのか、もはや観客にも見分けがつかないことが当たり前にさえなっています。

Broomさんは、そんな時代だからこそ、本当に存在するセットでしか表現できないリアリティを追求しているそうです。

子供の頃に持っていた
夢と可能性を取り戻す

Broomさんは、次のようにも語っています。

「私はいつも、子供の頃に誰もが持っていた、夢と可能性を取り戻す手助けがしたいと思っているんです。想像力は、魂の散らす火花のようなもの。それはやがて炎となって、素晴らしいものを生み出す。でも大人になるにつれて、そんな遊び心は失われていってしまう。

私のイメージが作り出した小さな欠片が火花となって、見た人それぞれの心の中で、それぞれの物語が紡がれる。それこそ私が求めていることなのです」

それでは、彼女が生み出すファンタジーの世界を、心ゆくまでお楽しみください。

Licensed material used with permission by Adrien Broom
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
加工しているのかわからない、リアルさを売りにした合成写真はたくさんあると思う。だけど、アメリカを拠点に活動するフォトグラファーStephen Mcmenn...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。