「ありえない!」がクセになる、不思議な世界へようこそ

私たちの住んでいる所と、すごく似てはいるけどなんだか違う。もしも、こんなことがリアルにあったら、誰だって、おおっと驚いちゃうと思うんです。そんなの起こるわけないって、わかっているのに惹きつけられてしまう写真。

スウェーデン出身のErik Johanssonさんは、実際に存在する場所やモノを加工して、現実では絶対にありえない「奇妙」な世界を生み出すフォトグラファー。想像力が豊かな彼の作品は、おかしな夢を見ているような不思議な感覚を味わえます。

砕ける湖

ボートを漕いだら、湖がガラスのように割れてしまった。これじゃあ、景色を楽しんでいる場合じゃなさそう。

白い毛の雲

チョキン!チョキン!と、羊の毛を刈るおばあさん。どんどん雲になっていく姿は、夢のようではあるけどロマンがない。

絵の中から脱出

絵の中に閉じ込められているのはかわいそう。心やさしい少年は、船の絵を見つけるたびに海に返す。

秋から冬へ

もうこんな季節。早く雪を縫わないと!

前だけを見て

まっすぐ前を見て自分の信じる道を突き進んで行って。立ち止まったら、絶対に後悔するから。

刺激的な演奏を

このエレキギターで演奏すれば、電気が走るような刺激のある音楽を街中に届けることができるはず。

靴を履いて出発!

ちょっと靴の臭いが気になるかも。

ナイスキャッチ?

花瓶を落としそうになってナイスキャッチ!代わりに自分の手が割れちゃったけどね。

切れ味のいいハサミ

いやいやいや。切りすぎだからね。

安全な瓶の世界

ここにいれば絶対安心!だけど、どうやってフタを開けるんだろう?

ありえない状態が自然に見えるように、とことんリアルさを追求するErikさん。そのこだわりがあるから、不思議な気持ちになる楽しみを与えてくれるんです。

彼の制作風景が見たい人は、こちらからチェック!

Licensed material used with permission by Erik Johansson, (Instagram)
他の記事を見る
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
加工しているのかわからない、リアルさを売りにした合成写真はたくさんあると思う。だけど、アメリカを拠点に活動するフォトグラファーStephen Mcmenn...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
自分が絶対に想像しないような意外なもの同士がくっついた世界。この写真には、“かわいい要素”もあるんだけど、ゾクッとするようなあの感覚もあって。言葉にするな...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
目覚めた時から、曖昧な記憶になるのが夢というもの。Patty Maherは現実と夢の狭間を写真で表現しています。彼女の作品は、どれも眠りの世界へ誘われるよ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...