「ありえない!」がクセになる、不思議な世界へようこそ

私たちの住んでいる所と、すごく似てはいるけどなんだか違う。もしも、こんなことがリアルにあったら、誰だって、おおっと驚いちゃうと思うんです。そんなの起こるわけないって、わかっているのに惹きつけられてしまう写真。

スウェーデン出身のErik Johanssonさんは、実際に存在する場所やモノを加工して、現実では絶対にありえない「奇妙」な世界を生み出すフォトグラファー。想像力が豊かな彼の作品は、おかしな夢を見ているような不思議な感覚を味わえます。

砕ける湖

B1a8edf89166191764d1a2bf1d11d37f9d716532

ボートを漕いだら、湖がガラスのように割れてしまった。これじゃあ、景色を楽しんでいる場合じゃなさそう。

白い毛の雲

D451a9e7c5ac2ea685bba5d6322e0225b9141ffc

チョキン!チョキン!と、羊の毛を刈るおばあさん。どんどん雲になっていく姿は、夢のようではあるけどロマンがない。

絵の中から脱出

271edaa2e7152522ba73d756b21448b97ce777de

絵の中に閉じ込められているのはかわいそう。心やさしい少年は、船の絵を見つけるたびに海に返す。

秋から冬へ

72a02cfd446191318b3a2f49ac36104db840a2e3

もうこんな季節。早く雪を縫わないと!

前だけを見て

358d1026422f8a9a20bebec3ee700c6e31a02bd0

まっすぐ前を見て自分の信じる道を突き進んで行って。立ち止まったら、絶対に後悔するから。

刺激的な演奏を

27ee9871083230c3cb9dbeb8ad27e9d813a57d7f

このエレキギターで演奏すれば、電気が走るような刺激のある音楽を街中に届けることができるはず。

靴を履いて出発!

2ab0d243a4ce59e05e24479247acdb58219824f9

ちょっと靴の臭いが気になるかも。

ナイスキャッチ?

4b3d2fa3866968a54b984cf2fc2da5daff9324cf

花瓶を落としそうになってナイスキャッチ!代わりに自分の手が割れちゃったけどね。

切れ味のいいハサミ

42e384fb553c2d3368d9fbff86c313136790b683

いやいやいや。切りすぎだからね。

安全な瓶の世界

5438894e11d44242106a53b64211b67900dfd739

ここにいれば絶対安心!だけど、どうやってフタを開けるんだろう?

C653a9ab28aee8822e064dd97595407c71f26a45

ありえない状態が自然に見えるように、とことんリアルさを追求するErikさん。そのこだわりがあるから、不思議な気持ちになる楽しみを与えてくれるんです。

彼の制作風景が見たい人は、こちらからチェック!

Licensed material used with permission by Erik Johansson, (Instagram)
加工しているのかわからない、リアルさを売りにした合成写真はたくさんあると思う。だけど、アメリカを拠点に活動するフォトグラファーStephen Mcmenn...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
目覚めた時から、曖昧な記憶になるのが夢というもの。Patty Maherは現実と夢の狭間を写真で表現しています。彼女の作品は、どれも眠りの世界へ誘われるよ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。