「ありえない!」がクセになる、不思議な世界へようこそ

私たちの住んでいる所と、すごく似てはいるけどなんだか違う。もしも、こんなことがリアルにあったら、誰だって、おおっと驚いちゃうと思うんです。そんなの起こるわけないって、わかっているのに惹きつけられてしまう写真。

スウェーデン出身のErik Johanssonさんは、実際に存在する場所やモノを加工して、現実では絶対にありえない「奇妙」な世界を生み出すフォトグラファー。想像力が豊かな彼の作品は、おかしな夢を見ているような不思議な感覚を味わえます。

砕ける湖

砕ける湖

ボートを漕いだら、湖がガラスのように割れてしまった。これじゃあ、景色を楽しんでいる場合じゃなさそう。

白い毛の雲

白い毛の雲

チョキン!チョキン!と、羊の毛を刈るおばあさん。どんどん雲になっていく姿は、夢のようではあるけどロマンがない。

絵の中から脱出

絵の中から脱出

絵の中に閉じ込められているのはかわいそう。心やさしい少年は、船の絵を見つけるたびに海に返す。

秋から冬へ

秋から冬へ

もうこんな季節。早く雪を縫わないと!

前だけを見て

前だけを見て

まっすぐ前を見て自分の信じる道を突き進んで行って。立ち止まったら、絶対に後悔するから。

刺激的な演奏を

刺激的な演奏を

このエレキギターで演奏すれば、電気が走るような刺激のある音楽を街中に届けることができるはず。

靴を履いて出発!

靴を履いて出発!

ちょっと靴の臭いが気になるかも。

ナイスキャッチ?

ナイスキャッチ

花瓶を落としそうになってナイスキャッチ!代わりに自分の手が割れちゃったけどね。

切れ味のいいハサミ

切れ味のいいハサミ

いやいやいや。切りすぎだからね。

安全な瓶の世界

安全な瓶の世界

ここにいれば絶対安心!だけど、どうやってフタを開けるんだろう?

スウェーデン出身 Erik Johansson フォトグラファー

ありえない状態が自然に見えるように、とことんリアルさを追求するErikさん。そのこだわりがあるから、不思議な気持ちになる楽しみを与えてくれるんです。

彼の制作風景が見たい人は、こちらからチェック!

Licensed material used with permission by Erik Johansson, (Instagram)

関連する記事

これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
自分が絶対に想像しないような意外なもの同士がくっついた世界。この写真には、“かわいい要素”もあるんだけど、ゾクッとするようなあの感覚もあって。言葉にするな...
世界的な権威を持つファッション雑誌のイタリア版『VOGUE ITALIA』は、2020年最初に刊行する1月号において「写真を使用しない」と発表。今月号では...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構の写真集が発売。世界遺産に登録されているスケールの大きな歴史的な遺構から、どのような経緯で打ち捨て...
加工しているのかわからない、リアルさを売りにした合成写真はたくさんあると思う。だけど、アメリカを拠点に活動するフォトグラファーStephen Mcmenn...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
カメラメーカー「キヤノン」と北欧を拠点にするPR会社「Uncle Grey Copenhagen」が不正な写真の使用や誤用を防ぐことを目的とした写真データ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...