ありえない・・・平衡感覚を失う不思議な「風景写真」

Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感だらけのアート体験をしてみませんか?

ありえない…
天まで続く坂道

トルコ人アーティストのAydin Büyüktas氏は、地元イスタンブールの街並みをギュインと歪める写真プロジェクトを展開。平面を歪ませることで、非現実を創り出しているそうですが、じっと見ていると自分の立ち位置がどこかすら見失いそうになるはずです。

では、一体どうすればこんな多次元的な写真撮影ができるのか?秘密はドローンによる空撮と、3Dデジタル加工によるものだそう。

まずは、地上から水平方向に目的の風景を撮影。次いで上空へとドローンを飛ばし、空から地上を空撮する。最後に両方をつなぎ合わせることで、水平と垂直から捉えたランドスケープを一枚に融合した、摩訶不思議な写真を作り上げているんだそう。

「ゴール」が絶対に
決まらないスタジアム

絶対にゴールが決まらない…。こんなサッカー競技場アリエナイ!

スルタンアフメット広場もご覧のとおり。

重力を失った、川の水

Büyüktas氏は、1884年にイギリス人小説家エドウィン・アボットが書いた『フラットランド(二次元の世界)』からインスピレーションを得て、一連の作品「FLATLAND」の制作を始めたそうです。

この世界も、視点をちょっと変えただけで途端に多次元化してしまう。トリックアートのようなフシギな写真ですよね。

Licensed material used with permission by Aydinbuyuktas
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
自分が絶対に想像しないような意外なもの同士がくっついた世界。この写真には、“かわいい要素”もあるんだけど、ゾクッとするようなあの感覚もあって。言葉にするな...
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
本日10月29日(月)は、トルコの建国記念日。そのタイミングで、首都イスタンブールに世界最大規模の新空港が開港しました。
私たちの住んでいる所と、すごく似てはいるけどなんだか違う。もしも、こんなことがリアルにあったら、誰だって、おおっと驚いちゃうと思うんです。そんなの起こるわ...
これは、指を動かす感覚と同じだろうか? それとも、まったく違う? 本人に聞いた。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...