バラバラなのにピッタンコ。絶妙すぎて「中毒性」のある写真。

自分が絶対に想像しないような意外なもの同士がくっついた世界。この写真には、“かわいい要素”もあるんだけど、ゾクッとするようなあの感覚もあって。

言葉にするなら「奇妙」というのが一番しっくりくる気がするんだけど。なんなんだろう、モヤモヤするのに惹きつけられるこの感じ。わたし、結構この世界が好きです。

「ぴったり」じゃない、
けれど「しっくり」くる。

Licensed material used with permission by NaroPinosa
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
「大麻より中毒性の強いものは、身近にたくさんあるんだ」。そう主張するのは、米メディア「WeedHorn」のCEO、Rick Bakasさん。Weedは草…...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。