バラバラなのにピッタンコ。絶妙すぎて「中毒性」のある写真。

自分が絶対に想像しないような意外なもの同士がくっついた世界。この写真には、“かわいい要素”もあるんだけど、ゾクッとするようなあの感覚もあって。

言葉にするなら「奇妙」というのが一番しっくりくる気がするんだけど。なんなんだろう、モヤモヤするのに惹きつけられるこの感じ。わたし、結構この世界が好きです。

「ぴったり」じゃない、
けれど「しっくり」くる。

Licensed material used with permission by NaroPinosa
他の記事を見る
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
「大麻より中毒性の強いものは、身近にたくさんあるんだ」。そう主張するのは、米メディア「WeedHorn」のCEO、Rick Bakasさん。Weedは草…...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
ヤバい。これは、ハマりそうでヤバい。曼荼羅、伸縮自在の顔、マジックマッシュルーム、ドクロなどをモチーフとしたサイケデリックなアニメーション制作しているのは...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
旦那さんが生まれてきた娘をこんなに可愛がって、張り切った成長記録をつくっているなんて、やっぱり嬉しいものではないでしょうか。茶目っ気とユーモア溢れる、パパ...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
32歳、ハリウッド女優であるアニエラ・マックギネスさん。彼女は乳ガンを患い、治療のために乳房を切除しないといけませんでした。無事にガン細胞をとり除いた彼女...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...