リモートワーク中に食べたい「中毒性アリな缶詰」3選

「明日は会社だから、にんにくを食べるのはやめよう」「明日はデートだから、においがきついものはやめておこうかな」

少し前まで、そんなマインドで生活をしていました。食べるかどうか迷っちゃうものって、クセになるし、おいしいんですけどね……。でも、こんな状況になって、においを気にする必要はなくなりました!

そこで、今回はリモートワーク中だからこそ食べられる「中毒性のある缶詰」を紹介。オンライン輸入食品店「iHerb」で購入できますよ。

ワインと相性バッチリ!
トマトソース漬けイワシ

iHerb「中毒性アリな缶詰」マリナラソース
©iStock.com/Asya_mix

まずは、イワシの缶詰

パッケージの一部が赤いのは、マリナラソース(トマトソースの一種)にイワシが漬けられているから。シンプルでわかりやすいですね。

缶を開けた瞬間ににおいがするのは間違いないんですが、そこまで気にならない程度。

食べてみると……レストランに出てきそうなクオリティでちょっとビックリ。これをのせたサラダがあるなら、名物メニューになるんじゃないかな?と勝手に考えちゃうほど、頭の中を支配されました。イワシとマリナラソースの組み合わせ、恐るべしです。

イワシの缶詰らしく、お酒のあてにもイイ。あわせるのはワインもよさそうです。

ちなみに、マリナラソースではなくオリーブオイル使っている商品もありますよ。

商品:Wild Planet, 天然いわしのマリナラソース漬け、4.375オンス(125 g)
値段:308円
※生産状況や在庫状況により欠品の可能性があります。

アヒージョも作れる!
オリーブオイル漬けアンチョビ

iHerb「中毒性アリな缶詰」アンチョビ
©iStock.com/Vitalino11

お次はオリーブオイル漬けのアンチョビ

こちらもイワシの缶詰と同じく、開けた瞬間のにおいはそこまで気にならないのですが、食べた時が違います。口の中全体がアンチョビになるんです! 噛めば噛むほど滲み出てくる旨味に、顎が操られます。ずっと食べちゃう。

これは次の日に会社やデートがあったら、食べられないかも……。まあ、味は最高なんですけどね。

パッケージではサラダにのせているけど、カリカリのトーストにあわせるのもアリ。あとは、缶からお皿にうつして、そのまま温めれば、アヒージョにもなりますよね。追加でマッシュルームやエビも入れたいところです。

食べ過ぎると、歯磨きをするまで口の中がアンチョビになるから気をつけてくださいね。

商品:Reese, アンチョビ(カタクチイワシ)の平隅肉, ピュアオリーブオイル漬け, 2オンス(56 g)
値段:219円
※生産状況や在庫状況により欠品の可能性があります。

バクバク食べちゃう!
スモークオイスター

iHerb「中毒性アリな缶詰」スモークオイスター
©iStock.com/Asya_mix

んでもって、最後はスモークオイスターです。においレベルの高さは、3つの中でこれが一番。

缶を開けてからすぐに漂うのは海のにおい。そして、スモーク風味が控えめに主張してきます。もう、たまらない! 今までの生活なら、2日経たないと人には会えないんじゃないかな?と思ってしまうほど。ただ、このスモークオイスターは中毒性アリ

そこまで大きくないサイズも影響してか、どんどん食べちゃう。やみつきです。

あと、缶を開けてビックリしたのは、スモークオイスターがぎゅうぎゅう詰めになっていること。実際に数えてみたら、16個もありました。これで360円ですよ? おトクですね。

食べるなら今がチャンス!

商品:Crown Prince Natural, スモークオイスター、オリーブオイル漬け、85 g
値段:360円
※生産状況や在庫状況により欠品の可能性があります。

Top image: © iStock.com/Vitalino11
iHerbをもっとみる