お酒のつまみに……「ピエール・エルメ」のカツオ!?

ワインの連載を抱えてるくらいなんで、お酒が大好きな辛党です。ですが、「スイーツ男子のはしり」と自称するほど甘いものに目がない甘党の中年でもあります。

そんな私の心を、“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。がっつりハートと胃袋を掴んでくれたのが<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。これ、酒のアテに最高です。

©2018 TABI LABO

おいおい、ピエール・エルメってマカロン人気に火をつけたパティスリーだろ?なんて声も聞こえてきそうですが、丸の内仲通りの二重橋スクエアに11月8日オープンした<Made in ピエール・エルメ 丸の内>は、これまでとちょっと違う新ブランド第一号店。日本の素晴らしいものを丸の内から発信するというコンセプトショップです。そこで見つけたのがこの缶詰。

中身は、カツオと地鶏の食材をそれぞれふたつの味わいで仕上げた全4種。どれも、きれいにお皿に盛ったら絶品の前菜に即変身!ってくらいのデキ。変に濃い味だったり、塩味が強かったりもしない上品さです。

というのも、この缶詰をピエール・エルメと組んで製造した「黒潮町缶詰製作所」は、普段の食事でも楽しめる備蓄食品に長けたメーカーさん。災害に遭ったとき、誰もが食べられるように7大アレルゲン不使用というこだわりがあります。そして、子どもでもお年寄りでも、老若男女が「おいしい」と食べられなくては、防災で活躍できる食品にならないと考えてつくられています。これらを苦心してできあがったこの缶詰は、言うなれば“ピエール・エルメの防災食品”ってところ。

と、まあ、いろいろ考えてくれているみたいですが、防災時じゃなくても「いま食べたい!」が本音。個人的な意見ですが、倉庫に備蓄しておくのに我慢が必要な缶詰ですよ。
そんな食道楽を苦しめる一品と、スイーツの名店で出会ってしまったというわけ。

©2018 TABI LABO
©Made in ピエール・エルメ 丸の内
Top image: © 2018 TABI LABO
有名店の人気メニュー「じゃないほう」もウマイ!
ピエール・エルメ・パリといえば、誰に聞いたってマカロンですが、自分のために買うならば「ドゥミルフィーユ」。
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
備食こそ、美食でなければならないーー。そんなコンセプトから生まれた備蓄食が、この「東京備食」です。
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
貝ボタンと言ったら、平たくて丸い洋服についているボタンを思い浮かべますよね?でも、私の持っている貝ボタンは、いわゆるボタンの形をしていません。全体的に細長...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
まだまだ暑い日が続く。そんな時こそ食べたくなるのが辛いもの。ただでさえ暑いのにぐつぐつ煮えたぎる韓国料理「スンドゥブ・チゲ」を頬張って、ダラダラ汗をかく。...
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
缶詰のミカンのようにツルんと薄皮をむく方法を紹介します。食用重曹で煮るだけ。誰でも簡単に本来の甘さを楽しめますよ。
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
東京、銀座にあるCHANEL NEXUS HALLでは、展覧会「ピエール セルネ&春画」が4月7日まで開催中。春画を取り扱う展覧会では珍しく、年齢制限はあ...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...