ピエール・エルメのミルフィーユが!

このミルフィーユ、1カット864円(税込)とかなり高いです。喫茶店ならセットで飲みものが付いてきてもいいくらいです。それでも、こいつだけは止められない。

僕が<ピエール・エルメ・パリ>を訪れる大目的です。

©2018 TABI LABO

誰に言わせたって、本来ならばマカロン。もう王道中の王道。今日のマカロン人気の火付け役となったのが<ピエール・エルメ・パリ>と言われるくらいですから。だけど、そんなプティフールよりもさらに心奪われるのが「ドゥミルフィーユ」。隠れた人気メニューです。

カラメリゼした何層ものパイに挟まれるのは、カスタードクリームとバタークリームのちょうど中間のような、2つの異なるプラリネ。所どころ顔を出すアーモンドのクランチーな食感がまたいい。

小ぎれいにナイフとフォークで……なんて考えちゃいけない。クリームがはみ出てこようが、横倒しになろうが、そんなことお構いなしにお皿の上をぐちゃぐちゃにして頬張る。この瞬間が何よりも至福。一口大のマカロンじゃあ、こうはいかない。

王道のマカロンは贈答用、でもミルフィーユだけは何が何でも自分のため!そんな使い分けも、人気店で“裏定番”を見つける楽しみです。

Top image: © 2018 TABI LABO
有名店の人気メニュー「じゃないほう」もウマイ!
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?見た目だけでなく、味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「MACAPRESSO TOKYO」ぷくっとしたフ...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。