ピエール・エルメのミルフィーユが!

このミルフィーユ、1カット864円(税込)とかなり高いです。喫茶店ならセットで飲みものが付いてきてもいいくらいです。それでも、こいつだけは止められない。

僕が<ピエール・エルメ・パリ>を訪れる大目的です。

©2018 TABI LABO

誰に言わせたって、本来ならばマカロン。もう王道中の王道。今日のマカロン人気の火付け役となったのが<ピエール・エルメ・パリ>と言われるくらいですから。だけど、そんなプティフールよりもさらに心奪われるのが「ドゥミルフィーユ」。隠れた人気メニューです。

カラメリゼした何層ものパイに挟まれるのは、カスタードクリームとバタークリームのちょうど中間のような、2つの異なるプラリネ。所どころ顔を出すアーモンドのクランチーな食感がまたいい。

小ぎれいにナイフとフォークで……なんて考えちゃいけない。クリームがはみ出てこようが、横倒しになろうが、そんなことお構いなしにお皿の上をぐちゃぐちゃにして頬張る。この瞬間が何よりも至福。一口大のマカロンじゃあ、こうはいかない。

王道のマカロンは贈答用、でもミルフィーユだけは何が何でも自分のため!そんな使い分けも、人気店で“裏定番”を見つける楽しみです。

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
東京、銀座にあるCHANEL NEXUS HALLでは、展覧会「ピエール セルネ&春画」が4月7日まで開催中。春画を取り扱う展覧会では珍しく、年齢制限はあ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
この手の惣菜パイって、たいていはトマトピューレやウスターソースなどで味付けされた、ミートソースの具のようなものが多いんだけれど……。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
ただ、食べるだけじゃない。マカロンは、気持ちを伝えるためのツールにだってなり得るんです。この「六本木マカロン」ならね。2016年6月6日(月)にオープンし...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
日本を代表するテクノDJ/プロデューサーのTakkyu Ishinoこと石野卓球と、俳優やタレント業でもお馴染みピエール瀧。高校生の頃に出会ったのち、89...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。