ピエール・エルメのミルフィーユが!

このミルフィーユ、1カット864円(税込)とかなり高いです。喫茶店ならセットで飲みものが付いてきてもいいくらいです。それでも、こいつだけは止められない。

僕が<ピエール・エルメ・パリ>を訪れる大目的です。

©2018 TABI LABO

誰に言わせたって、本来ならばマカロン。もう王道中の王道。今日のマカロン人気の火付け役となったのが<ピエール・エルメ・パリ>と言われるくらいですから。だけど、そんなプティフールよりもさらに心奪われるのが「ドゥミルフィーユ」。隠れた人気メニューです。

カラメリゼした何層ものパイに挟まれるのは、カスタードクリームとバタークリームのちょうど中間のような、2つの異なるプラリネ。所どころ顔を出すアーモンドのクランチーな食感がまたいい。

小ぎれいにナイフとフォークで……なんて考えちゃいけない。クリームがはみ出てこようが、横倒しになろうが、そんなことお構いなしにお皿の上をぐちゃぐちゃにして頬張る。この瞬間が何よりも至福。一口大のマカロンじゃあ、こうはいかない。

王道のマカロンは贈答用、でもミルフィーユだけは何が何でも自分のため!そんな使い分けも、人気店で“裏定番”を見つける楽しみです。

Top image: © 2018 TABI LABO
有名店の人気メニュー「じゃないほう」もウマイ!

関連する記事

“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
「とらや」は、パリ店の40周年を記念して、9月1日より期間限定で新作菓子を販売する。「ピエール・エルメ・パリ」とのコラボや、パリのカフェをイメージした「カ...
「Made in ピエール・エルメ」に新作のチョコレートドリンク「Choconomi(チョコノミ)」が登場。グランスタ東京店と吉祥寺店にて、イートイン、テ...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?見た目だけでなく、味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「MACAPRESSO TOKYO」ぷくっとしたフ...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
趣味で作っているというユニークな「マカロン」を載せているInstagramアカウント。なかには、ちょっと食べるのを躊躇しちゃうような奇抜な作品もあるとか。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...