缶詰で味わう「京都」。とびきり贅沢な「グルメ缶詰」

保存食や安さがウリというだけでなく、ごはんのおかずとしても立派に成立してしまう、ちょっぴり贅沢な缶詰。いわゆる「グルメ缶詰」は年々進化しているが、こちらは「ちょっぴり贅沢」どころか「とびきり贅沢」な逸品。

「缶詰をアップデートする」をミッションとし、缶詰を介してその先にある本当の魅力に触れて欲しい。そんな想いから去る11月22日、京都の寺町にオープンしたのが缶詰専門店の「ひとかん」だ。

旗艦店オープンに合わせてリリースされた「京都雅缶シリーズ」(全5種)は、京都ならではの味覚に雅なパッケージデザインで、新たな京土産としてブレイクの予感。

「海の京都」こと京丹後地方で採れる厳選素材を用いて作るグルメ缶には、宮津湾産のタコ、久見浜湾で育った牡蠣、さらには丹後山陰沖で揚がる松葉ガニなど、そのまま京都の料亭に登場するような海の幸が主役。

そりゃあ旨いに決まってる。

が、その地域の食文化や産地、生産者の想いも一緒に詰め込むのが「ひとかん」の缶詰。単に高級食材を使っておしまい、ではなく、ひと手間でもふた手間でもかけるところに、よくあるグルメ缶“以上”の価値がありそうだ。

©カンブライト

松葉ガニの澄味オイル煮 1万円(税抜)

©カンブライト

サザエの昆布オイル煮 2500円(税抜)

©カンブライト

セイコガニの澄味オイル煮 2500円(税抜)

©カンブライト

宮津湾タコのアヒージョ 1300円(税抜)

©カンブライト

久美浜牡蠣のアヒージョ 1300円(税抜)

旗艦店は寺町通りの一角。京都寺町の散策ついでに寄ってみては?

©カンブライト

「ひとかん 京都本店」

【住所】京都府京都市中京区桜之町430-5(寺町通六角下る)
【営業時間】11:00~20:00(不定休)
【電話】075-746-3936
【URL】https://hitocan.jp/

Top image: © カンブライト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
環境保全、防災の観点から荒れ果てた竹林を計画伐採し、竹林再生の過程でできるタケノコを使って作る缶詰「京都缶*環づめプロジェクト」。収益は地域住民の雇用促進...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...