缶詰で味わう「京都」。とびきり贅沢な「グルメ缶詰」

保存食や安さがウリというだけでなく、ごはんのおかずとしても立派に成立してしまう、ちょっぴり贅沢な缶詰。いわゆる「グルメ缶詰」は年々進化しているが、こちらは「ちょっぴり贅沢」どころか「とびきり贅沢」な逸品。

「缶詰をアップデートする」をミッションとし、缶詰を介してその先にある本当の魅力に触れて欲しい。そんな想いから去る11月22日、京都の寺町にオープンしたのが缶詰専門店の「ひとかん」だ。

旗艦店オープンに合わせてリリースされた「京都雅缶シリーズ」(全5種)は、京都ならではの味覚に雅なパッケージデザインで、新たな京土産としてブレイクの予感。

「海の京都」こと京丹後地方で採れる厳選素材を用いて作るグルメ缶には、宮津湾産のタコ、久見浜湾で育った牡蠣、さらには丹後山陰沖で揚がる松葉ガニなど、そのまま京都の料亭に登場するような海の幸が主役。

そりゃあ旨いに決まってる。

が、その地域の食文化や産地、生産者の想いも一緒に詰め込むのが「ひとかん」の缶詰。単に高級食材を使っておしまい、ではなく、ひと手間でもふた手間でもかけるところに、よくあるグルメ缶“以上”の価値がありそうだ。

©カンブライト

松葉ガニの澄味オイル煮 1万円(税抜)

©カンブライト

サザエの昆布オイル煮 2500円(税抜)

©カンブライト

セイコガニの澄味オイル煮 2500円(税抜)

©カンブライト

宮津湾タコのアヒージョ 1300円(税抜)

©カンブライト

久美浜牡蠣のアヒージョ 1300円(税抜)

旗艦店は寺町通りの一角。京都寺町の散策ついでに寄ってみては?

©カンブライト

「ひとかん 京都本店」

【住所】京都府京都市中京区桜之町430-5(寺町通六角下る)
【営業時間】11:00~20:00(不定休)
【電話】075-746-3936
【URL】https://hitocan.jp/

Top image: © カンブライト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
iHerb(アイハーブ)で買える、リモートワーク中だからこそ食べられる「中毒性のある缶詰」3つをご紹介。いわしの缶詰、オイル漬けアンチョビ、スモークオイス...
環境保全、防災の観点から荒れ果てた竹林を計画伐採し、竹林再生の過程でできるタケノコを使って作る缶詰「京都缶*環づめプロジェクト」。収益は地域住民の雇用促進...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第7回は、「白金豚の角煮缶詰」...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
まだまだ暑い日が続く。そんな時こそ食べたくなるのが辛いもの。ただでさえ暑いのにぐつぐつ煮えたぎる韓国料理「スンドゥブ・チゲ」を頬張って、ダラダラ汗をかく。...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
丹後半島の付け根にあり、天女の羽衣伝説でも有名な峰山町。そこにある「金刀比羅神社」には、なんと「狛猫」がいるらしいのです。神社のシンボル的な存在と言えば狛...
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
缶詰のミカンのようにツルんと薄皮をむく方法を紹介します。食用重曹で煮るだけ。誰でも簡単に本来の甘さを楽しめますよ。
ブラックフライデーに合わせて、史上最大のサイズを誇るレゴブロックセットが発売された。「コロッセオ」という今回のレゴは、ローマ帝国のシンボルであるコロッセオ...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となっていた「フォションホテル京都」の開業日が、来年3月に決まった。
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
京都の音楽シーンを担うインディーズバンドが集結する無料ライブイベント「京音-KYOTO-」が今年も開催!第1回目は今月30日で「The Fax」「the ...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
「京都タワー」の最頂部、120.9メートルからのVRバンジージャンプ体験イベント。2月1日〜3月31日までの期間限定開催。
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...