缶詰で味わう「京都」。とびきり贅沢な「グルメ缶詰」

保存食や安さがウリというだけでなく、ごはんのおかずとしても立派に成立してしまう、ちょっぴり贅沢な缶詰。いわゆる「グルメ缶詰」は年々進化しているが、こちらは「ちょっぴり贅沢」どころか「とびきり贅沢」な逸品。

「缶詰をアップデートする」をミッションとし、缶詰を介してその先にある本当の魅力に触れて欲しい。そんな想いから去る11月22日、京都の寺町にオープンしたのが缶詰専門店の「ひとかん」だ。

旗艦店オープンに合わせてリリースされた「京都雅缶シリーズ」(全5種)は、京都ならではの味覚に雅なパッケージデザインで、新たな京土産としてブレイクの予感。

「海の京都」こと京丹後地方で採れる厳選素材を用いて作るグルメ缶には、宮津湾産のタコ、久見浜湾で育った牡蠣、さらには丹後山陰沖で揚がる松葉ガニなど、そのまま京都の料亭に登場するような海の幸が主役。

そりゃあ旨いに決まってる。

が、その地域の食文化や産地、生産者の想いも一緒に詰め込むのが「ひとかん」の缶詰。単に高級食材を使っておしまい、ではなく、ひと手間でもふた手間でもかけるところに、よくあるグルメ缶“以上”の価値がありそうだ。

©カンブライト

松葉ガニの澄味オイル煮 1万円(税抜)

©カンブライト

サザエの昆布オイル煮 2500円(税抜)

©カンブライト

セイコガニの澄味オイル煮 2500円(税抜)

©カンブライト

宮津湾タコのアヒージョ 1300円(税抜)

©カンブライト

久美浜牡蠣のアヒージョ 1300円(税抜)

旗艦店は寺町通りの一角。京都寺町の散策ついでに寄ってみては?

©カンブライト

「ひとかん 京都本店」

【住所】京都府京都市中京区桜之町430-5(寺町通六角下る)
【営業時間】11:00~20:00(不定休)
【電話】075-746-3936
【URL】https://hitocan.jp/

Top image: © カンブライト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
まだまだ暑い日が続く。そんな時こそ食べたくなるのが辛いもの。ただでさえ暑いのにぐつぐつ煮えたぎる韓国料理「スンドゥブ・チゲ」を頬張って、ダラダラ汗をかく。...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
丹後半島の付け根にあり、天女の羽衣伝説でも有名な峰山町。そこにある「金刀比羅神社」には、なんと「狛猫」がいるらしいのです。神社のシンボル的な存在と言えば狛...
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
缶詰のミカンのようにツルんと薄皮をむく方法を紹介します。食用重曹で煮るだけ。誰でも簡単に本来の甘さを楽しめますよ。
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
まずは動画を見てみましょう。問答無用の愛らしさ。精巧なジオラマにも驚きますが、その上に敷かれたレールを、電車がくるくると走って回る様子がたまらなくイイ味を...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
「白川八木邸」は、京都市から認定を受けた京町家の一棟貸し宿。日本庭園や枯山水、ひのき風呂など、京都を感じる要素が勢揃いです。