缶詰で味わう「京都」。とびきり贅沢な「グルメ缶詰」

保存食や安さがウリというだけでなく、ごはんのおかずとしても立派に成立してしまう、ちょっぴり贅沢な缶詰。いわゆる「グルメ缶詰」は年々進化しているが、こちらは「ちょっぴり贅沢」どころか「とびきり贅沢」な逸品。

「缶詰をアップデートする」をミッションとし、缶詰を介してその先にある本当の魅力に触れて欲しい。そんな想いから去る11月22日、京都の寺町にオープンしたのが缶詰専門店の「ひとかん」だ。

旗艦店オープンに合わせてリリースされた「京都雅缶シリーズ」(全5種)は、京都ならではの味覚に雅なパッケージデザインで、新たな京土産としてブレイクの予感。

「海の京都」こと京丹後地方で採れる厳選素材を用いて作るグルメ缶には、宮津湾産のタコ、久見浜湾で育った牡蠣、さらには丹後山陰沖で揚がる松葉ガニなど、そのまま京都の料亭に登場するような海の幸が主役。

そりゃあ旨いに決まってる。

が、その地域の食文化や産地、生産者の想いも一緒に詰め込むのが「ひとかん」の缶詰。単に高級食材を使っておしまい、ではなく、ひと手間でもふた手間でもかけるところに、よくあるグルメ缶“以上”の価値がありそうだ。

©カンブライト

松葉ガニの澄味オイル煮 1万円(税抜)

©カンブライト

サザエの昆布オイル煮 2500円(税抜)

©カンブライト

セイコガニの澄味オイル煮 2500円(税抜)

©カンブライト

宮津湾タコのアヒージョ 1300円(税抜)

©カンブライト

久美浜牡蠣のアヒージョ 1300円(税抜)

旗艦店は寺町通りの一角。京都寺町の散策ついでに寄ってみては?

©カンブライト

「ひとかん 京都本店」

【住所】京都府京都市中京区桜之町430-5(寺町通六角下る)
【営業時間】11:00~20:00(不定休)
【電話】075-746-3936
【URL】https://hitocan.jp/

Top image: © カンブライト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
iHerb(アイハーブ)で買える、リモートワーク中だからこそ食べられる「中毒性のある缶詰」3つをご紹介。いわしの缶詰、オイル漬けアンチョビ、スモークオイス...
環境保全、防災の観点から荒れ果てた竹林を計画伐採し、竹林再生の過程でできるタケノコを使って作る缶詰「京都缶*環づめプロジェクト」。収益は地域住民の雇用促進...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第7回は、「白金豚の角煮缶詰」...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。