アノ缶詰を使うだけで家庭の「スンドゥブ・チゲ」が、まるで本場の味わいに

まだまだ暑い日が続く。そんな時こそ食べたくなるのが辛いもの。ただでさえ暑いのにぐつぐつ煮えたぎる韓国料理「スンドゥブ・チゲ」を頬張って、ダラダラ汗をかく。これぞ夏の醍醐味です。

おうちで作るとなると、少しハードルが高そうに感じるかもしれませんが、アノ缶詰を使えば、あっという間!

アサリの水煮缶を
ムダなく使う

みじん切りにしたニンニク、豆板醤、ごま油で香りがたつまで弱火で炒めたら、水とキムチ、そこにアサリの水煮缶を汁ごと加えて5分ほど煮ます。煮汁もすべて入れることがポイント。もちろん、面倒な塩抜きも要りません。

一口大にカットした豆腐、ざく切りにしたニラを加え温めたら、最後に卵を割り落としてめしあがれ。コクのあるうま辛がクセになりますよ。

香辛料には代謝をアップする働きがあります。スタミナ食材のニンニク、免疫力を高める豆腐のタンパク質は、夏バテ対策にもぴったり。いっぱい汗をかいて、残暑を乗り切りましょう!

おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
缶詰のミカンのようにツルんと薄皮をむく方法を紹介します。食用重曹で煮るだけ。誰でも簡単に本来の甘さを楽しめますよ。
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
スーパーで買ったアサリ、塩水に漬けて砂を抜くことは料理の基本で言われていますが、砂抜きの先にある、さらにうま味成分を引き出すテクニックについては、あまり言...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...