小さな電車がくるくる走り回る「缶詰ジオラマ」がかわいい!

まずは動画を見てみましょう。

問答無用の愛らしさ。

精巧なジオラマにも驚きますが、その上に敷かれたレールを、電車がくるくると走って回る様子がたまらなくイイ味を出しています。国内はもちろん、海外のメディアでも紹介されており、ミニチュア好きの心をがっちりキャッチしている模様。

他にも種類があるので見てみて!

Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori

コミカルながらも、懐かしさを感じる不思議な魅力が。画像を見ると、缶詰の中にジオラマが収納できる仕組みになっています。

缶詰以外にも、
本格的な作品がズラリ!

Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori
Photo by Masaki Kanamori

ギターやコーヒーカップなどなど、台座のアイデアも自由自在。作品はすべて購入可能です。詳しくはコチラから。

作者である「O.MORO DESIGN」の諸星 昭弘氏は、小さいころに家のレコードプレーヤーを回しながら、おもちゃの電車をのせて遊ぶのが楽しくて仕方がなかったと言います。ワクワク感がいっぱいに詰まった「缶詰ジオラマ」の原点は、そんなところにあったというわけ。

小さなものは3〜4日で完成し、大きなものでは3週間かけるものもあるそうですが、あまり時間をかけ過ぎると別のものが作りたくなってしまうため、完成しないことも多いとか。

4月から公式Twitterがスタートしており、他にも動画がチラホラ。定期的に教室が開催されているので、ミニチュア作りに挑戦してみたいという人もぜひチェックしてみて!

Licensed material used with permission by O.MORO DESIGN
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
アムステルダムのクリエイター「BYROSA」は、小さなジオラマを細長い試験管の中に詰め込んじゃいました。「Behance」に投稿されたことで人気を集めた幻...
突然ですが、ひとつ質問を。プレゼントされた指輪や自分で買ったネックレス。中身を取った後のケースってどうしていますか?ほとんどの人は「引き出しの奥底に眠って...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...