日本のアーティストが制作した「ミニチュアカレンダー」。クオリティが高すぎる!

早速ですが、この一枚の写真を見てください。

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-810_R

木にかけられたブランコで、楽しいひとときを過ごす二人組、と思いきや…。木に見立てられているのは、なんとブロッコリー!不思議なもので、こう見るとブロッコリーが木にしか見えません。

次の写真に移りましょう。

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-118_R

ハイ、もうお分かりですね。じゃがいもが完全に砂漠と化しています!

でも、よく見ると二枚の写真とも右下に「日付」が書かれていますが、一体これは何なんでしょう?

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-410_R

実はコレ、いまSNSで話題の「ミニチュアカレンダー」と呼ばれるアート作品。鹿児島県を拠点に活動中のアートディレクター兼デザイナー田中達也氏が2011年4月に始めた取り組みです。

曰く、「誰しも一度は思ったことがあるはずです。ブロッコリーやパセリが森に見えたり、水面に浮かぶ木の葉が小舟に見えると。小人の視点で日常の物事を考えると、いろいろと面白いことを考えつきます」。

こうした考えを写真として形にしたいと考えた同氏は、主にジオラマ用の人形と日用品をモチーフに撮影をスタート。日めくりカレンダーのように、毎日公式HPやSNSで更新していることから、「ミニチュアカレンダー」と呼ぶようになったそうです。

それでは、その作品を一挙にご紹介しましょう!

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-141_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-261_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-211_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-152_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-910_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-161_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-201_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-310_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-191_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-171_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-231 (1)_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-1010 (1)_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-221 (1)_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-251 (1)_R

すべての作品において、同氏の類まれな想像力が遺憾なく発揮されているのがお分かりいただけるはず。その圧倒的なクオリティの高さから、反響は日本国内だけにとどまらず、海の向こうでも高い注目度を誇っているようです

繰り返しになりますが、公式HPとSNSには毎日新しい作品が登場し、多くの人を虜にしています。特に、Instagramにおいては、25万人以上のフォロワーを抱えるなど超人気アカウントと言っていいでしょう。

作品に添えられる一言にも、ぜひ注目してみてください。これからの毎日のささやかな楽しみになること間違いなしです。

Licensed material used with permission by 田中達也

他の記事を見る
一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアート...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
本来日めくりカレンダーは「日付を確認する」ためのもの。でもこのカレンダーの目的は「二人のコミュニケーション」。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
まずは、下の写真を見てください。気球の上からハッピーニューイヤー!電球を使っています。そう、これは日用品を別のモノに見立てたアート作品。アートディレクター...
気仙沼の漁師に焦点をあてた「漁師カレンダー」を紹介。冬の海で淡々と作業をする海の男たちはカッコいい。でもそれだけじゃなくて、そんな海の男たちからエールをも...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
子どもの頃、ドールハウスやバービー人形などで時が過ぎるの忘れて遊んだ、という人も多いのでは?デザイナーのPhillip Nuveenさんが作っているのは「...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
気泡緩衝材の“プチプチ”を潰すのが楽しい!って人は注目です。「Bubble Calendar」は365日分のプチプチがついたカレンダー。日めくりの代わりに...
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
ボクサーやクレイン選手など18人のアスリートたちのヌードを撮影した『Sports Calendar』という手帳タイプのチャリティーカレンダー。若いスポーツ...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
おじゃましまーす!と、言いたくなるほど生活感あふれるミニチュアハウス。誰かが住んでるんじゃないかって思うくらい、住人の個性が出ている。Hank Cheng...
もしかしたら、一部のコアなファンにはお待ちかね。毎年話題のイケメン消防士カレンダーの2018年版が、早くも登場しました。オーストラリアで毎年発売されている...
毎日めくるのが楽しい「日めくりカレンダー」。でも、よく考えてみると似たような内容が続いているものが多いですよね。毎日が特別で違う日なはずなのに、そんなのお...
なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。しかし、今ではそん...