加工なし!フィリピンにある「流木のドラゴン」のクオリティが高すぎる・・・

イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。

一切加工されておらず、スチールの支柱を元に、流木その物の持つフォルムを活かして創られている。そうと説明されても信じることが難しいほどに、筋骨隆々な生物の肉体を見事に表現している。

以下に紹介するのはそんな彼が創りだした作品の中でも一際目立つ、架空の生き物「ドラゴン」をモチーフに創られたもの。凄い迫力だ。

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-7

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-9

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-3

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-4

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-2

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-11

一体の生物を流木で創り出すには数千時間という途方も無い時間がかかるそうだ。もちろん、ドラゴンのみではなく実在する動物をモチーフにしたものもある。特に馬は必見だ。

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-2

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-1

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-4

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-8

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-31

85singo_driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-2

85singo_galloping-driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-10

85singo_driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-3

85singo_galloping-driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-2

85singo_galloping-driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-5

元々、小さな頃から両親が営んでいたアンティークのリペアショップを手伝っていた彼は、木工技術の知識を自然と身につけていった。その後、大手家具店で仕事をするようになるが、1989年に休暇の延長で初めてフィリピンを訪れた。

そして、現地の地方の美しいビーチや色彩豊かな自然環境、さらにそこに住む人々の技術にも一目惚れ。翌年1990年には、現地にオフィスを創り、木製の家具などをヨーロッパやアメリカで売り始めたそうだ。

上の画像で紹介されているのは、そんな彼が始めた流木アート。すでに10年以上作品は創り続けているそうだが、2013年にフィリピンのハイエンを直撃した大型台風をきっかけに、小さなコミュニティをつくってビーチに落ちている流木を新たに拾い始めた。

現地の人への恩返しも

その後、現地の機関との親交を深めながら3つのプロジェクトを開始。5年間で80,000本の植物をセブ島に植える「80,000 trees」やタクロバンシティの女性たちが手造りアクセサリーをつくるTacloban Crafts」。同じくバンタヤン島の女性たちによる「Bantayan Crafts」などを立ち上げ、現地の人々の生活を助けるために様々な活動を行っている。
作品が世に広まることで多くの人に自然について考える機会を持って欲しいそうだ。

彼の活動の詳細やその他の作品は、ホームページで見ることができる。流木で作られた写真立てやハンドクラフト製品など様々んな商品が各ページで購入できるため、一度webサイトを訪れてみるといいかもしれない。

Reference:80,000 trees,Tacloban CraftsBantayan Crafts
Licensed material used with permission by James Doran

河口や浜辺に流れ着いた流木を見つけると、どうしても手にしたくなる。ほどよく朽ちかけ、丸みを帯びたその風合いは、年輪に変わる長い旅路を経た証。もしかしたら、...
ほとんどの人が強くて怖いモンスターという印象を持っているはず。でもそれって、あくまでも人間が勝手に作り上げたイメージですよね。そんなことに気付かせてくれる...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...