イギリスで発見された「鋼鉄の妖精」の魅力が世界中で話題に!美しすぎる・・・

マンチェスターとバーミンガムの間に位置する歴史の深い産業都市ストーク・オン・トレントは、ファンタジー映画に出てくるようなレンガ造りの大釜などが特徴的で、観光地としても有名です。

ここで紹介するのは、街の南にあるザ・トレンタムエステートという公園で撮影された展示作品「Fantasy Wire」の写真。街の雰囲気ともかけ合わさり、そのあまりの美しさに世界中の人々が魅了されているようです。

85singo_b078a91e9a5298b10b08b32a17d423f1

85singo_4d01fdeb9380867b30757feb1caf01fc

85singo_d3d7b3c4a1346d7ea69138652dee1826

85singo_7b9f4e77f9b9dd0a6ca572174a99d217

85singo_8a2cd7a55b7e7251fde185d67688792a

85singo_ff442137086b3cae03e0869cc1d9bf91

85singo_a8bda1f0b9b4c883f51cffc9209a1739

85singo_baca2c4e32367a95579e7bc778c35891

イギリスの彫刻家Robin Wight氏によって制作された作品はステンレス製。風を感じるような、たんぽぽのわたげの軽やかな動きや、妖精のもつ女性的で靭やかなフォルムを、全く正反対の印象をもつ素材で表現しています。

その他、光と影のバランスで大きく変わる印象や、物語を感じさせるような装飾も魅力的。

85singo_ede3fd0b46d9ad08a4d0721c2fecff59

85singo_6376f61fb66774839e8a27fea4e291e8

85singo_430d7f53f59fe1bc6abae13948da59e8

85singo_eef77673d1c14a47625dcd59e1502bd2

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 19.06.16

85singo_031ca7d9c0cf31e59880106c4d31a00d

85singo_aa2adc1b8966ac417570f733021cd703

85singo_6ecc603f5033a91dce51a3ca70cff277

85singo_dc69c76c4a572689b91e947cd423c62f

85singo_73600206a5efdb94689deaff9162d2e8

85singo_1d88ae861d0cb0e3d1cd24c22e04fd85

85singo_dcaa70a9c14f6e43f22f88bc3b695393

そのインスピレーションは、1920年に撮影された少女と妖精の人形が写ったモノクロ写真から得たもの。なんと、数年前に自宅の庭にある樹を撮影したところ、たまたまその妖精に似た影を発見したのだとか。

その真相は、樹の枝から差し込む太陽光による錯覚ではありましたが、それをきっかけにしてこの彫刻の制作を決意。ホームページでは、アイデアの元となった2つの写真や、その他の作品を見ることが出来ます。興味のある人は一度覗いてみては?

Licensed material used with permission by Robin Wight

他の記事を見る
独自のアイデアやファッションセンス、“妖精のよう” と形容されるピュアな出で立ちや、唯一無二の歌声。50代に突入した今も、多くのファンを魅了しつづけている...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
アイルランドには、神々と妖精たちが棲むと言われているが、フォトグラファーPeter Mellerさんの作品を見ていると、それが決して言い過ぎではないことに...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...