女性にいつでも「美」を求めるなんて、ナンセンスよ!

愚痴ばっかり言っていると暗い顔になる、間食ばかりしているとデブになる、愛されることを諦めたらブスになる。

そんなこと言ったって、気持ちは晴れない時があるし、デートの予定が仕事で流れたりすると発狂したくなるし、ぶすっと顔に出てしまう。

生きてるんだから、ブスになる時だってあるのよ。いいじゃない、それで!

「可愛くいる必要はない」

醜さを知らない「美しい」なんて、
薄っぺらいものよ。

UGLY = PRETTY

ミランダ・ジル・ミレンさん

そもそも、一般的に言われている「可愛い」「美しい」なんて、アテにならない。アーティストのミランダ・ジル・ミレンさんは、昔からシワだらけの顔や指、二重顎を魅力に感じていたのだそう。

美しさに、「こうあるべきだ」なんて決めつけは存在しない。

今日のわたし、可愛くないな〜って思う日があったとしてもいいじゃない。違う角度から見たら、そんな日こそ美しいのだから。

「代わりに醜くなればいいのよ」

Licensed material used with permission by MIRANDA JILL MILLEN
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
過去を振り返ると、若さは美しさであるという考えは強かったように思い。しかし現代は、美の基準がより多様化している。ボストン大学は、これを調査して発表。ピープ...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
わたしたちは、いつだって、じぶんなりの心地よさを求めている。どんなに時代が変わっても、無垢なわたしであり続けたい。女性はもっと、動物的に生きるべきである。...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
こんなにも人のお尻をじっくりと見たことはなかった。アタマはすっぽりと隠れているんだけど、肝心なところが隠れてない女性たち。ちょっとマヌケな感じが、妙にチャ...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
いわゆるモデル体型が世の中の美しさの基準となっている。Robbie Trippの奥さんであるSarahは、世間的にはおデブと呼ばれる豊満なボディ。にも関わ...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...