「若い=美しい」という考えは、もう時代遅れにしかならない。

「25歳はお肌の曲がり角」

巷でよく聞くフレーズだが、私自身も25歳になる前、周囲から何度も聞かされた言葉だった。

結果、25という年齢を境に急激に何かが変化したわけではなかった。が、確かにそれ以前にはなかった小さな変化が見られたのも事実。更に言うと、心境の変化も。

多くの女性が一度は経験したことがあるだろう、目に見えるところに年齢が表れることからくる「焦り」。当時の私は、初めてこの焦りを感じていた。けれど、社会人として都内で働く中で、年齢にとらわれずに自分らしく生きている女性が多数周りにいたことで、「美=年齢ではない」ということを、心底感じていったのだった。

どうやら、世界的に見ても(少なくとも欧米では)、美しさの基準は年齢ではないという認識に変わりつつあるらしい。

「美」は年齢に左右されない

People」が毎年発表する「世界で最も美しい女性」。2017年に選ばれたのは、ジュリア・ロバーツだった。もう半年以上前の話だが、近頃この発表がふたたび話題となった。理由は、ボストン大学薬学部による調査。同誌を参考にして、1990年と現在の美の基準を比較したものだ。

調査は、1990年に発表された「世界で最も美しい女性」のリストに挙げられた女性の平均年齢が33.2歳だったことに対し、2017年は38.9歳だったと報告している。今年のリストには、20代のエマ・ワトソンやセレーナ・ゴメスも入っているが、栄冠を手にしたジュリア・ロバーツは、選出当時49歳だった。

この話題を最初に聞いた時、8月に「Allure」の編集長が「雑誌の中で、今後『アンチエイジング』という言葉は使用しません」と宣言したことを思い出した。「無意識だとしても、この言葉は年齢を重ねることに対して『戦わなければならない』というメッセージを強くしてしまっているからです」と、理由を説明したものだ。

近年、「People」や「Allure」のように、メディアやファッション業界が、これまでは否定してきた美を、受け入れ発信しているという印象がある。

美の基準は「進化している」

調査によると、美の基準は、年齢同様に人種面でも多様化しているという。「The Australian Science Media Centre」が報じるところによれば、調査を行ったうちの1人は、このようにコメントしている。

「今回の調査で、『美の基準』が進化していることがわかりました。様々な文化や考えを紹介するメディアの発信を、読み手も上手く受け取っているのです」

前述した通り、日本でも既に、年齢にとらわれず生きている人たちはいる。ただ、世間的にこのような考えがもっと浸透していくことを願う。そうなれば、あらゆることに対してより柔軟で生きやすい社会になるのではないか、と思うから。

女性が年齢を重ねることに対し、ある種の「恐怖」を感じることすらなくなる未来も、もしかしたら来るかもしれない。

女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。実は「美」は特別なことをして手に入れるも...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
美しさをどう捉えるのかは、人それぞれ。でも、目が見えない人たちにとっての「美」って、どんなものなのでしょうか。ここでは彼らの語る想いを紹介します。
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
Pink Bitsの描くの、世の中でいわれる「美しいカラダ」の女性たちではないのかもしれない。でも、本当の美しさは見た目じゃないし、誰かに決めてもらうもの...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
いわゆるモデル体型が世の中の美しさの基準となっている。Robbie Trippの奥さんであるSarahは、世間的にはおデブと呼ばれる豊満なボディ。にも関わ...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...