なぜ、フランス人女性は美しいのか?彼女たちにとっては当たり前な「6つの美の秘訣」

エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在のはずです。
そんな彼女たちの「美の秘訣」を紹介した記事が「mindbodygreen」で紹介されています。なるほど、彼女たちの美はこうして保たれているのですね。

01.
毎日ワインを飲む!

ワインは抗酸化物質、抗がん性物質、ポリフェノールを多く含んでいる。炎症を和らげる力を持っているため、にきびの悪化を防ぎ、がんの発生を促進するフリーラジカルとも戦ってくれる。心臓にもよく、体にとっていいことづくめ。

02.
メイクは“やりすぎない”が基本

フランス人女性の化粧姿を想像すると、大抵は綺麗にひかれたアイライナーとさっと塗った程度の赤い唇が思い浮かぶのではないだろうか?これが有名な“すっぴんメイク”。健康的で、綺麗な肌には塗りたくるメイクなど必要ない。塗り重ねる化粧は肌にも悪影響だ。

03.
日々の積み重ねが大事だと
理解している

すぐには効果は出ないかもしれない。何かをしても効果が感じられないと辛くなるかもしれない。
しかし、フランス人女性にとっての「美」とは、肌にシワやニキビが出来た時に慌てて対処することではない。日々、肌にとっていいことを積み重ねていくことが、フランス人女性にとっての美。

04.
食事を楽しみ、きちんと食べる

彼女たちは食事に時間をかけ、じっくり味わう。そして、家族との食事を大切にする。
質の高いものを適量食べる、スナック菓子を食事の代わりにしないということがフランス人女性のスタンス。

05.
冷たいシャワーを浴び、
血の巡りをよくする

多くのフランス人女性は長い時間、温かいシャワーを浴びることはないそう。温かいシャワーを浴びた後には、冷たいシャワーを浴びてカラダの血液循環をよくする。そうして肌を引き締めるのが一般的。

06.
シワだって、「美」の一部

フランス人女性にとってのシワは「幸せに笑って生きてきた証」。シワや肌のくぼみをネガティブに捉える必要はない。年齢を重ねることに対して、戦いを挑むのではなく、それを受け入れるのが彼女たちなのだ。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。実は「美」は特別なことをして手に入れるも...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
過去を振り返ると、若さは美しさであるという考えは強かったように思い。しかし現代は、美の基準がより多様化している。ボストン大学は、これを調査して発表。ピープ...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
ファッションモデル、女優として活躍するヤスミーナ・ロッシさんは、現在60歳。2人の孫がいるおばあちゃんです。非の打ち所のないスタイルの秘訣は、毎日欠かさな...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
いわゆるモデル体型が世の中の美しさの基準となっている。Robbie Trippの奥さんであるSarahは、世間的にはおデブと呼ばれる豊満なボディ。にも関わ...
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。