フランス流!健康的にスタイルを維持する「食生活のルール6つ」

mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活。どうやら彼女の目には、フランス人は“自然と食事を楽しんでいる”ように映ったのだそう。
ここに紹介するのは、ダイエットやスタイルの維持、健康につながる彼らの“流儀”の一部です。

01.
毎日の食事時間を
忠実に守る

F

フランスでは、食事の時間が非常に厳格に定められています。朝食は午前7時から8時まで、昼食は正午から午後2時まで、夕食は午後8時から。学生にはたいてい、午後4時30分頃に「スナックタイム」がありますが、この時間以外は食べ物を口にしないのです。

02.
朝食はシンプルに

朝食は、同じものを何度も繰り返し食べます。焼きたてのパンとバター、ジャム、蜂蜜、フルーツジュース、ヨーグルトの組み合わせが一般的。繰り返し行うということは、ある種の“儀式”です。

03.
1日3食は
絶対に欠かさない

i000049649980_Medium

私は意図的に食事を抜くフランス人に会ったことがありません。1日にきっちりと3食食べない生活は、一般的なフランス人には受け入れられないのです。
食事の時間や食事自体に意識を傾けることは、彼らの日常生活の一部。

04.
たとえどんな料理でも
コースのように、ゆっくりと

フランス人のようにコー​​スで食事を食べてみてください。たとえば、最初にサラダ。次に、メインディッシュ、その後にデザート。間に少し時間をとって、ゆっくりと楽しみましょう。

05.
“多めの昼食”を
決して怖がらない

00005724043_Medium

昼食には、たっぷりの野菜とたんぱく質を。
初めてフランスに行ったとき、私は昼食の量に驚きました。彼らは昼に充分な量を食べるため、間食をしなくて済むのです。

06.
その食べものが
“どこから来るか”に注目!

どのお店から、どの市場から、どの農家から、といった具合に、フランス人は自分が食べるものの出どころに強い興味を持っています。
それを知ることは、食事を楽しみ、意識して食べることにもつながるから。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
パリに暮らす人々の食生活をのぞき見してみました。
ジムが苦手なあなたに朗報です。ひと足早く「夏のビーチボディを手に入れるために必要な、食生活の見直し」を紹介したいと思います。この記事でヘルストレーナーのR...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
Joy Bauerさんは、アメリカで活躍するカリスマ管理栄養士。NBCのTODAY's SHOWでは「栄養と健康」のコーナーを担当、ダイエット・食生活につ...
ジャンクフードの摂取は"適量"に。そうすれば気分も向上して、脳がヘルシーになれるかもしれません。
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
ダイエットや健康維持として、広く世に浸透した感のある糖質制限。けれど、思ったより痩せない、体調を崩した、なんて声もよく聞きます。間違った知識で始めるのが良...
女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。実は「美」は特別なことをして手に入れるも...
心も体も健康でいるためには、食生活を改善し「血糖値スパイク」にならないことが重要と説くのは、栄養療法を行う医師の溝口徹さん。その著書『「血糖値スパイク」が...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...