エナジードリンク漬けだった高校生が、食についてマジメに考えた。

ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。

これは、「食べる」を考え始めたらいろいろなことが変わった、という元男子高校生の話。具体的に何がどう変わったのか。彼の実体験を「Jukin Media」の動画から紹介します。

高校時代は
エナジードリンク漬け

ぼくは誰からも好かれていなかった。ジャンクフードを食べ続け、一時的な快感を感じてはいたけど、すごく落ち込んでいた。自分の見た目や、不快感をどう変えればいいのか知らなかった。

食べることが大好きだけれど、健康的な食について何も知らなかった。学校へ行っても、エナジードリンクとばかり付き合っていた。1日に1リットルくらい飲んでいた。最悪の習慣だった。集中できないわりに、体重は増えていった。

卒業したとき、自分の姿や不快感に加えて、慢性的な疲労にもがっかりしていた。だから、変えなければいけないと思った。毎日気分が悪かった。だから、学ぶことにした。

料理こそシェアしたいもの

友だちや家族と、料理をはじめた。

食べ物がどう機能するのかを、一緒に考え始めた。男が料理下手だというイメージだって壊したかった。今って、料理をする時間がなかなか取れないような忙しい時代だけど、その価値への理解はまだまだ不十分。

料理こそ、社会性があり、シェアするべきアクティビティだ。

ぼくは、もっとみんなと料理がしたい。そのための時間をつくりたい。

野菜が好きになった理由

ぼくの家族は、肉食を減らすためにニワトリを飼いはじめた。そして、そのための料理を学んだ。材料がどこからやってくるのかを肌で感じると、その価値がもっとよくわかるようになる。

チキンナゲットが10ピースもあれば、少しは豪華な気分を味わえるかもしれない。でも、元を辿れば豪華すぎることに気づく。そうしてぼくは、野菜を好むようになった。

このほうが何百万倍もいい。料理をしていると心が落ち着く。セラピーみたいだ。フレイバーを変えてみたり、チャレンジだってできる。そうしていくうちに、自分自身のことを愛せるようになっていった。

食を学ぶだけで良かった

ただ、食を学ぶだけで良かったんだ。いまだってすべてを悟ったわけじゃない。でも、それがいいところでもある。あなたにとって「食べもの」ってどういう意味があるだろう?

Licensed material used with permission by SoulPancake

関連する記事

ルクセンブルク発ドイツ生産の“ハイファッション”なエナジードリンク「28 BLACK アサイー」が、2019年8月12日より沖縄県内のファミリーマート限定...
エナジードリンクを進化させてカプセル状にした「PUSH+」が1月11日より販売開始。100%国産の天然カフェインを国内最大量配合した未来型エナジーチャージ...
伝統茶ブランド「tabel」より、日本の薬草を使用したエナジードリンクが発売。パワーチャージの「コーラシロップ」とリフレッシュの「ジンジャエール」の2種で...
新生活のスタートや生活環境の変化でエネルギー切れの人にオススメのエナジーフード「YOKANGO」のご紹介。
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
缶も中身もすべてmade in ITALYの「トニーノランボルギーニエナジードリンク」が日本上陸。象徴的な猛牛のロゴ「レイジングブル」があしらわれた黒と赤の缶。
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
秋口の体調管理にオススメしたいのが「梅醤番茶」。日本の元祖エナジードリンクです。
NEXT輸入食品店として注目の「iHerb(アイハーブ)」から、ちょっと変わり種の「ホットドリンク」をご紹介します。寒い冬はお気に入り「ホットドリンク」で...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「チア・エナジー・スクイーズ」という商品です。「集中力」と「満腹感」を得られます。
〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を同時にチャージ...
トレイルランニングの栄養補給源は、バータイプのチョコレートやスポーツ用ゼリードリンクが一般的。でも、まさかここに味噌が加わることになろうとは!もちろん、携...
アーモンドなどのナッツ類とココナッツオイルをベースとしたポートランド発のエナジーフード「Trail Butter(トレイルバター)」の紹介です。
いそがしい毎日でも、おいしくて体にいいものを食べたい。そんな想いから、世界で初めて「主食」にフォーカスした完全栄養食を開発した「BASE FOOD」。代表...
全国の個性的なクラフトドリンクが、8月限定で表参道「GYRE(ジャイル)」内のライフスタイルショップ「CIBONE(シボネ)」に集結。

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
最高に楽しく、充実した毎日を積み重ねていきたい。そうは思っていても、実際にどうすればいいのかは、なかなかピンとこないものですよね。そんなあなたに向けて「Y...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...
眠れない夜にオススメのアドバイスをご紹介。今夜から、試してみてください。
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...