エナジードリンクがカプセルに!?未来型エナジーチャージを体感できる「PUSH+」

エナジードリンクを進化させ、カプセル状にした「PUSH+」が発売された。

本商品を作った「カプセル株式会社」によると、エナジードリンクについての市場調査では「味が合わない」という声が非常に多かったのだという。

カプセル状の「PUSH+」なら、舌で味を感じることがないためエナジードリンクが苦手な人でも利用可能。さらに100%国産の天然カフェインを国内最大量配合した未来型エナジーチャージは、なんとカロリーゼロ。ポケットに入れて持ち歩ける高い携帯性も◎。

価格は3カプセル入り700円、6カプセル入り1,000円、10カプセル入り1,500円で、オンラインショップなどで購入できる。

ワークライフバランスが重視される時代においても、どうしても戦わないといけない日は誰にでもある。そんな人の背中を少しだけ押せるプロダクトを目指しているという「PUSH+」。がんばりたい貴方に。

PUSH+

【公式サイト】https://push.capsules.jp/

Top image: © 2020 カプセル株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ルクセンブルク発ドイツ生産の“ハイファッション”なエナジードリンク「28 BLACK アサイー」が、2019年8月12日より沖縄県内のファミリーマート限定...
新生活のスタートや生活環境の変化でエネルギー切れの人にオススメのエナジーフード「YOKANGO」のご紹介。
〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を同時にチャージ...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
缶も中身もすべてmade in ITALYの「トニーノランボルギーニエナジードリンク」が日本上陸。象徴的な猛牛のロゴ「レイジングブル」があしらわれた黒と赤の缶。
秋口の体調管理にオススメしたいのが「梅醤番茶」。日本の元祖エナジードリンクです。
トレイルランニングの栄養補給源は、バータイプのチョコレートやスポーツ用ゼリードリンクが一般的。でも、まさかここに味噌が加わることになろうとは!もちろん、携...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「チア・エナジー・スクイーズ」という商品です。「集中力」と「満腹感」を得られます。
資生堂研究所「fibona」プロジェクトから生まれたフィルム型のサプリメント「Lammin」。会議の10分前にパッと摂取し顔色を改善してくれるサプリは、オ...
アーモンドなどのナッツ類とココナッツオイルをベースとしたポートランド発のエナジーフード「Trail Butter(トレイルバター)」の紹介です。
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
世界で年間560億個も廃棄されている「ネスプレッソ」のカプセルのゴミ問題に対するソリューションとして発売された「Happy Capsules」。ステンレス...
未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来に...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
いそがしい毎日でも、おいしくて体にいいものを食べたい。そんな想いから、世界で初めて「主食」にフォーカスした完全栄養食を開発した「BASE FOOD」。代表...