ドリンクじゃなくて、スティックで「エナジーチャージ」。

日本でもジワジワと話題になってきているベイパー周辺。

電子タバコだけじゃなくて、こんなのもあります。

〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を吸うことでチャージできるスティック。

見た目がタバコに似ているだけで、ニコチン&タールは当然フリー。

煙状の水蒸気は発生するので、マナー的に吸う場所には気をつけたいけれど、嫌なニオイはないので自宅や車のなかでも気兼ねなく使えます。

現在、自宅での作業やドライブの時なんかに使用中。エナジードリンクやコーヒーの代わりに、手軽なところがいいです。火を使うわけじゃないので、Tシャツの胸ポケットに収納しておけるし。

価格は税込み1本1,296円で、だいたい200服ぐらいできます。

一部コンビニなどでも手に入るようですが、公式のオンラインストアでも購入可能です。

すでに海外ではいろんな種類が発売されているようで、喫煙者、非喫煙者とか関係なくウケているみたい。日本でもこれからどんどん展開が増えそうな予感。要チェック! 

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
〈STANDARD SUPPLY(スタンダードサプライ)〉のデイパックは、一見普通、その実ディテールにはこだわりがつまっています。素材やパーツの選びが秀逸です。
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
トレイルランニングの栄養補給源は、バータイプのチョコレートやスポーツ用ゼリードリンクが一般的。でも、まさかここに味噌が加わることになろうとは!もちろん、携...
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
「歩くための機能服」をコンセプトに掲げる〈alk phenix(アルクフェニックス)〉。「zak shorts/ karu stretch DG」はタブレ...
デスク作業用にモバイルしている〈PELTOR(ペルター)〉の防音イヤーマフ。耳栓代わりに使えますが、完全にオーバースペック。でもカッコイイんです、コレ。
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
ストラップ付きスポーツサンダルの〈Teva(テバ)〉が20年ぶりに名作「ALP(アルプ)」を復活。足首までホールドしてくれるストラップは、脱げにくく歩きや...
話題の珪藻土です。いろんなメーカーから発売されていますが、この「Karari」は4本セットで300円程度と安いですよ。
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。