3,000円でかなり遊べる「ポータブルカセットプレイヤー」。

誰にでも思い出の曲があると思います。

僕の場合は、昔からMIXテープが好きなので、曲単位じゃなくて、曲の順番とか、つなぎとか、トータルで思い出になっています。

というわけで、“ちょっと懐かしい音楽でも聴くか”となった時は、CDでもレコードでもなくカセットテープで聴くことになる。だからポータブルカセットプレーヤーを今でも持っているわけです。

現在の相棒は〈ANOD(アンドー)〉というメーカーのもの。

いわゆるジェネリック家電というやつでしょうか。はっきり言ってチープです。

まず再生、一時停止、早送りしかできない。そう、巻き戻しができないんです! 巻き戻そうと思ったら、いちいちカセットを裏返して早送りか再生をするという(笑)。

ディテールもトイ感があります。一般的に電化製品のブランドロゴはレーザーカッティングで刻印されていると思うんですが、このプレーヤーのロゴはなんとデカール(転写シート)。プラモっぽいです。

音質はいわずもがな。

それでも僕が〈ANDO〉推すのは、3,000円も出せば今でも新品が買えるところです。

これは心強い。

ヴィンテージ価格の有名メーカーのプレーヤーもいいですが、実だけをとるならこれです。僕はスタイルはどうでもよくて、ただ懐かしいMIXを聴きたいだけなので実をとります。

さらに、最近気づきました。

3,000円のプレーヤーでも、高級ヘッドフォンをつければ、結構音がいい!

もちろん、テープはテープなので、クリアな音にはならないですよ。あくまでザラついたローファイな味わい。ですが、それなりに臨場感が出てくるんですね。

最近はこのチープなプレイヤーに、〈Beats by Dr.Dre〉の3万円ぐらいするヘッドホンを接続して“臨場感あるローファイ”を楽しんでいます。

ちょっとした大人の遊びですね。

6fbe0f27d5cd67d070ff8067340ea9f6b7d65b5988f2283f597979fb366e78d426d8d746a4e0366fD7c9ae0923f78890c94d805cf8caa66ecb88db39

中澤範龍/「Khaki」プロジェクト・リーダー
アウトドア専門誌などで活躍中。ミリタリーにまつわるアレコレを紹介するwebマガジン「Khaki」は、近日OPEN予定。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

その魅力が再評価されている、カセットテープ。音にこだわろうと思ったら、どのプレーヤーにすべきか迷ってしまいそうですが、見た目で決めるなら、この「Elbow...
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
ふたたび流行っているのは知っている。CDより小さくて、本体のカラバリもたくさんあって、“なんかかわいい”っていうのもわかる。取り扱っているお店が増えて、い...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
水曜日のカンパネラ、銀杏BOYZ、フィッシュマンズ、浅野忠信など、様々なアーティストが新しい音源の発表媒体としてチョイスするなど、一過性のブームを超えて、...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
いまだに〈ipod shuffle〉を使っています。その理由を自分なりに整理してみました。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
その才能の秘密を教えて!
80年代後半〜90年代前半にあったようなスケルトンのラジカセ、現行品です。ただただレトロと言ってしまうには、スポーティーで今の気分。チープ でガチャガチャ...
ラジオとカセットが合体してできた、日本発のイノベーション=ラジカセ。おそらくオーバー40くらいの方々にとっては「持ってた!持ってた!」とノスタルジーを掻き...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
実勢価格3,000円代という価格と見た目のバランスがいいと思いました。とくに見た目に関しては、いざ探すといいものが少ないです。こういった便利系アイテムにあ...