3D映像が楽しめる、新たな音楽プレイヤーが登場!(動画アリ)

音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。

以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマホを通してみること。その複雑なデザインに隠された情報を読み込み、音楽と映像が再生される仕組みです。

急に、オブジェから3D映像が広がっていく様子は必見!

拡張現実「AR」を応用しており、音楽と映像が連動している世界観はまるで映画でも見ているかのよう。ついつい眺めているだけで映像の世界にのみ込まれてしまいそうな感覚になります。

85singo_778efbb22a102c4ee4a6c67782a5b169.jpg

85singo_cb845436251583f7ae7cf9a1cd76dbc4

目の前に広がる3D空間に圧倒されますが、実際に読み込んでいるのはこんな造形物。

85singo_tumblr_ninjti2zFC1u8ph3wo1_1280

85singo_tumblr_nmhwscwuFO1u8ph3wo1_1280

85singo_tumblr_no9j7vrawX1u8ph3wo1_1280

85singo_tumblr_nqq0vcSaRM1u8ph3wo1_1280

85singo_tumblr_nr2v4ltnjw1u8ph3wo1_1280

これだけでも見とれてしまうような複雑な模様のあるオブジェですが、アプリを起動し、スマホを通して見ると、それぞれの造形ごとに違った音楽と映像が再生されます。

85singo_tumblr_nrhgyrgyDH1u8ph3wo1_r1_1280

85singo_tumblr_nrhgyrgyDH1u8ph3wo4_1280

85singo_tumblr_nrz629GKpP1u8ph3wo2_1280

このシステムは、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で紹介されていたもの。しかし、残念ながら募集期間はすでにクローズ。製品化のめどもたっていないようです。

以前、ソニーが行ったポスターをスマホでみるとアーティストのライブ映像が再生される試みも話題になりましたが、いずれは街中のあらゆる現代アートや建築物、ポスターに情報が組み込まれるようになって、スマホで見ると音楽や映像が再生される…なんて日も、近いうちやってくるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by REIFY

AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
その才能の秘密を教えて!
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
「タッチできる3D映像を日本人がつくりだした」というニュースが、今海外でとても話題になっています。下の動画を見るとわかりますが、空中に映し出した像を、触っ...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...