まるで映像化!ゴッホ作品をエブルアートで再現(動画あり)

水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。

と、小難しい話はさておき。トルコのアーティストGarip Ayは、この方法でゴッホ作品『The Starry Night』を再現。その制作工程を記録した動画は、エブルアートならでは。絵画が静かにうごめく様子に目が奪われます。

サイン入り完成画は、Etsyで購入可能。

この描画方法は、今ではズボッと腕を浸してペイントを水圧転写させる「ボディマーブリング」などにも応用されていますが、唯一無二の模様が描けることから、昔は公文書や重要書類の装飾として使われていたと言われています。転写後の絵画も見応え充分。以下、彼の作品をいくつか。

色が混じる境界線が印象的ですよね。そのほかInstagramに作品が投稿されているので、気になった人はチェックしてみて。

Licensed material used with permission by garip ay(Facebook, YouTube)
360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...
一見ランダムに決められているような配色ですが、元になっているのはゴッホの「星月夜」。夜空や星、月を描く時に使われた色がまとめられた1本のクレヨンです。
オーストラリア人アーティスト、ロビン・エリーは、ハイパーリアリズムと呼ばれる作風の油絵画家だ。ゴッホによる名作『星月夜』をプラスチックフィルムで包んだこの...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
フィンセント・ファン・ゴッホが描いた「ひまわり」などの絵画をプリントしたウェアをカジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」が発売中。価格はどれも3...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
街中に溢れる日常の些細な音が、オーケストラ団員により再現されている動画がおもしろい。楽器を使って再現される音は、リアルすぎて中毒性が高いんです!
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
工業デザインを専攻していたチー・チョウ氏が発表したアート作品『常に変化し続ける惑星のためのサバイバルキット』。文明発展と自然の関係性を問うようなこの作品に...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
なぜ人間は泳ぐのか?ーー。そんな疑問から導かれた映像作品が発表されました。コンセプトは「WATER BABY」。国際的なスイムウエアメーカーでもあるSPE...
アーティスト清川あさみプロデュースによる動画メディア「「Culture Room by Asami Kiyokawa」が始動。2006年よりたずさわってき...