もう、絵の具なんていらない!

パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描いたとは思えないんだよなぁ。

色鉛筆で書いた「油絵の具のイラスト」

ひとつひとつよく見ても、写真で撮ったようにも、デジタル加工されたものにも見えますよね。光沢感やポトッと絵の具を落としたあの雰囲気そのままなんだから。

デザイナーCj Hendryは、以前からこうした色鉛筆を使ったリアリティあるモノクロ作品を手がけてきたそうで、今回がはじめてのカラー作品。で、このクオリティというんだから。

色鉛筆12色で描き出した「赤」

色鉛筆で書いた「油絵の具のイラスト」赤色

この赤い絵の具の絵を描くのに利用された色鉛筆は12色。

ぱっと見ると鮮烈な赤一色が視界に飛び込んできますが、その質感を出すのにたくさんの色が利用されているそうです。それぞれの色がどこでどのような効果を発揮しているのかは素人目にはサッパリ。色の組み合わせでこんなにも深みのある「赤」が描けるということに驚き。

色鉛筆で書いた「油絵の具のイラスト」赤色色鉛筆で書いた「油絵の具のイラスト」オレンジ色鉛筆で書いた「油絵の具のイラスト」水色色鉛筆で書いた「油絵の具のイラスト」

1枚仕上げるのに、短いものでも1日〜2日、時間がかかるときには4週間もかかるそうです。

思っていたよりずっと難しかった

とHendryさん。

色鉛筆で書いた「油絵の具のイラスト」ピンク色鉛筆で書いた「油絵の具のイラスト」

ファッションブランドChristian Louboutinの依頼でカラー作品に挑戦するなど、この絵の具の絵の発表で、仕事の依頼もどっと舞い込んできたんだとか。

それにしても、すごいなあ。

 

Licensed material used with permission by Cj Hendry
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
私ははじめ、この絵を「キレイだな〜」ってなんとなく見ていた。でも、Iris Scottという女性が指で描いていると知って、思わず二度見。画面いっぱいに描か...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
Ramon Bruinの3Dアートは、カラースプレーや絵の具を使うこともたまにあるけれど、ほとんどが鉛筆と色鉛筆のみで描かれている。実際に手を伸ばしたら触...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
例えば、あなたがイメージする水色。水道の蛇口をひねっても、川の流れを見たって、決して同じ色はそこにありませんよね。色には、確かにそれぞれ名前がある。けれど...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
オーストラリア人アーティスト、ロビン・エリーは、ハイパーリアリズムと呼ばれる作風の油絵画家だ。ゴッホによる名作『星月夜』をプラスチックフィルムで包んだこの...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...