もう、絵の具なんていらない!

パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描いたとは思えないんだよなぁ。

6e2500ff2d13fb32dc4842d9cae8d57c7ec1b3ae

ひとつひとつよく見ても、写真で撮ったようにも、デジタル加工されたものにも見えますよね。光沢感やポトッと絵の具を落としたあの雰囲気そのままなんだから。

デザイナーCj Hendryは、以前からこうした色鉛筆を使ったリアリティあるモノクロ作品を手がけてきたそうで、今回がはじめてのカラー作品。で、このクオリティというんだから。

色鉛筆12色で描き出した「赤」

7b0469dbb06bc093c963a17135a1173b6111abd6

この赤い絵の具の絵を描くのに利用された色鉛筆は12色。

ぱっと見ると鮮烈な赤一色が視界に飛び込んできますが、その質感を出すのにたくさんの色が利用されているそうです。それぞれの色がどこでどのような効果を発揮しているのかは素人目にはサッパリ。色の組み合わせでこんなにも深みのある「赤」が描けるということに驚き。

30e3e9ca934f727bd288e09ae55c6e95ac0138330381802c1b31f800197b6b8892551ce3b122647cDab103ff97a7a7be53510adff678fbb80418d0ae14af6228eb5f457eed00a2a3a01a4894df73b07e

1枚仕上げるのに、短いものでも1日〜2日、時間がかかるときには4週間もかかるそうです。

思っていたよりずっと難しかった

とHendryさん。

6930e6098efc640048ac7c8831bcb17ab8f1874e0864e7daa0804c18bda29dfb95ba96d28a8c44a0

ファッションブランドChristian Louboutinの依頼でカラー作品に挑戦するなど、この絵の具の絵の発表で、仕事の依頼もどっと舞い込んできたんだとか。

それにしても、すごいなあ。

 

Licensed material used with permission by Cj Hendry
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
私ははじめ、この絵を「キレイだな〜」ってなんとなく見ていた。でも、Iris Scottという女性が指で描いていると知って、思わず二度見。画面いっぱいに描か...
Ramon Bruinの3Dアートは、カラースプレーや絵の具を使うこともたまにあるけれど、ほとんどが鉛筆と色鉛筆のみで描かれている。実際に手を伸ばしたら触...
例えば、あなたがイメージする水色。水道の蛇口をひねっても、川の流れを見たって、決して同じ色はそこにありませんよね。色には、確かにそれぞれ名前がある。けれど...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
目を引く大きいカラフルな絵。一見普通のポップな絵に見えますが、よく見ると…中心に人が立っているんです。Ben Heineさんの大胆な作品をご覧あれ。Ben...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
メラメラと燃え上がる炎の中から姿を現した顔に、ハッと息を呑む。映画『スター・ウォーズ』のアナキンが悪に染まり、ダース・ベイダーとなって生まれ変わった、あの...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
深みのある濃淡が美しく、どこかフワフワとしていて不思議な感じ。よく見ると、とても細かなところまで描写されているのですが、絵の具や墨は一切使っていません。実...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...