実はこの絵・・・絵の具ではなく、すべて○○で描かれていた!

【問題】
これらの絵に使われている
画材がわかりますか?

B7ecd525d50f05b1fecc30531e82bd8142e7e9ce0bbda400893548a1e7ed0a592a15fd217ac750e1

【正解】
なんと、ワイン!

E8e917eeec0796f6eb28c901cc9c7951d65babea

一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、このユニークな画法をアートワークにしています。

品種やエイジングで
色相を変えるワイン

48010df9427ff8cc198472e9c047d8ef118d1e76

ブドウの品種やヴィンテージに応じて、ワインは画用紙の上でそれぞれ異なる色相を見せるんだそう。彼女はこうして独自にワインごとのカラーチャート表を制作し、絵の具を使い分けるようにワインの濃淡を変えて、作品を表現していきます。なるほど、確かにコーヒーよりも色合いに幅があるのはワインの方かもしれませんね。

では、今一度ワインで描かれていることを意識しながら、Sanjaさんの絵を見ていきましょう。古典絵画から、浮世絵、有名人、さらには彼女お気に入りの映画まで、モチーフはさまざま。

赤ワインの色調が「ルビー」や「ガーネット」「レンガ」などに例えられるくらい、酸化熟成することでバラエティ豊かであることに、改めて気づかされます。

ヴィンテージ感ただよう
“ワイン画”の世界

3b3a6d153b8c33ff6cbba0bb0a5e3311b1b403b6

たとえば、こちらの作品「Winescape」。リースリング、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランの白ワイン3種、さらにはピノノワール、メルロー、カルベネ・ソーヴィニヨンと赤を3種の計6種類のワインが用いられているんだそう。赤だけでなく白ワインもときに使い分ける…奥が深い!

1bfc8f9eb3fd2e0991c777f44f314565b37333830d5729a2232ccab5c284522c3d5543cebf2d50095d8b74238d4a6f81dd359e169a5166041cc0b35926b8f2f3ad58c4aef008ab9c471d3de73e40b70bF5869d4a558831fc69176adc773431048c7580804fe5b8c6861c71851e043ba8dfa82a2b7fa8cb853271c4d595655dab619fda0e2a0eedc7c799e0bc494fde8e0e1e62bd0b2276b3d29e9e44696718ea50ca368a9f8de497f43cae3f92fd9c39ab00128d747e438e2f3f3f1113c7ee8f7518f62014c756b9A08a0a0e1f4a694399e676430b21f00c6a87945b3cac167d74c13d610814bd2997490ddbc8cc441b

もしも、飲みかけのワインボトルがあるならば、画用紙にちょっと試してみたくなりませんか?

Licensed material used with permission by Winerelle Vinoreli
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
私ははじめ、この絵を「キレイだな〜」ってなんとなく見ていた。でも、Iris Scottという女性が指で描いていると知って、思わず二度見。画面いっぱいに描か...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...