取り壊し前の学生寮「ありがとう」をアートで伝える

大学などの高等教育機関で学ぶ留学生のため、パリに14区に創られた国際大学都市(CitéInternationale Universitaire)。いわゆる学生寮です。近年、老朽化が進んでいた建物をリノベーションすることが決定。その取り壊し前に、期間限定のアートの祭典が開催されました。

1ヶ月限定
古い寮舎をカラフルに彩る

F3ec3900523cc9762136aadb6d9d46f027fe0c2c

「壊される前に、美しく寮を彩りたい」

そんな思いから、大学側はクリエイティブスタジオBitume Street Artに、ペイントを依頼。約100人ものアーティストが集まり、壁や天井にペイントを施しました。あまりに大胆で、ここが寮舎だということを忘れてしまいそう。

Bad62ad8634b356655212122079b95f10ac04806Aeabdb739b94031cdcb9bfdf0a0a453d6cadc733757864c192b7e41758557a8e6ac792b7ef2ec3089356da959e3a9ced814e697e1a111f5c9cd5500e

 工事着工まで約1ヶ月間のみのアートは、この寮舎が取り壊される運命を背負っているという背景も相まって、訪れる人々に深い印象を与えました。

512051f1e92ce62d74baf6a5420ea36f58e2eedcD3fb53fb32ad7b76ac2967af745e3e54843cdc2c5eb57aad0e330bfedbbee8f7300322495b5411adC9d93dbba459ea5e5bc701974dbb38fbc6394505

そしてこのアート活動を誰より喜んでいたのは、寮生である学生たちだったそう。彼らはアーティストに食事を振る舞ってもてなしたり、制作の手伝いをしたりと、この寮舎で過ごす最後の時間を精一杯楽しんだといいます。

Bf7ad654d86ebb9f9bb0c080404a23282bf885b7A7ac1beb5b21d2552c2085280959578ab4754c9540fb599d16c75afe22cd1a59a935c11ac2b45f91D8fb7a0bd376eab38eca8daea1d2fc791bca3b39

ちなみに、寮にペイントアートを施す取り組みについて、戸惑いの声はほとんどなかったんだとか。ともに学びともに過ごした思い出の場所で、最高の卒業アルバムができたんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by Bitume Street Art, Jonk Photography
普段はそうでもないが、今回ばかりはこう思わずにはいられなかった。「学生時代に戻りたい」と。ただし、コペンハーゲンの学生に限る。どうやら彼らは、こんな恩恵を...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...